【原神】”普通”のアルベド性能解説(Ver3.1版)【Genshin Impact】

今回はVer3.1後期の復刻ピックアップとなるアルベドの性能解説(Ver3.1版)です。
内容は前回と殆ど変わりませんが、文章の手直しと現環境での評価を踏まえた上での性能解説となります。
ガチャを回すか迷っている人は参考にしてもらえればと思います。

閲覧上の注意

今回解説するアルベドは以下を前提としています。

・星の星座は未解放(無凸)
・キャラレベルは80
・装備する武器は☆4でレベルは80
・通常攻撃・元素スキル・元素爆発の天賦レベルは8
・聖遺物厳選はメインOPで妥協
・ソロプレイを想定
・心境螺旋は知らない
・使用プラットフォームはPS4
・Ver3.1時点での評価

初心者または無/微課金プレイヤー向けの解説記事になります。予めご承知おきください。
本記事は筆者の個人的な評価や解説となります。あくまでも参考程度に閲覧してもらえればと思います。
間違いなどありましたらご指摘いただけると幸いです。

アルベドの基本性能

レアリティ☆☆☆☆☆(限定)
名前アルベド
神の目
武器片手剣
基礎HP(Lv90)13,226
基礎攻撃力(Lv90)251
基礎防御力(Lv90)876
Lv突破ステータス岩元素ダメージ

アルベドはVer1.2で初実装された限定☆5キャラクター。
基礎攻撃力は鍾離と同じで☆5最低クラス。基礎HPは全キャラ7位と高め。基礎防御力は全キャラ3位の高さ(1位は荒瀧一斗、2位は七七)。
Lv突破ステータスは☆5キャラにしては珍しい元素ダメージタイプ。

アルベドはこんなキャラ
特徴

・元素スキルで範囲内にいる敵に追撃ダメージを与える
・追撃ダメージはアルベドの防御力が参照される
・コストパフォーマンスが良い

アルベドの主な役割はサブアタッカー。
元素スキルを設置すると効果範囲内にいる敵がダメージを受けた時、岩元素の追撃ダメージが発生する。攻撃するだけで自動発生し追撃ダメージの倍率も高いので、火力の低いサポーターで攻撃しても大ダメージを出せる。しかも継続時間が30秒と長い。
このダメージは防御力が参考されるのでコストパフォーマンスが良い。

通常攻撃「西風剣術セピュロスけんじゅつ・白」

ダメージ倍率は片手剣キャラの中でかなり低い。
重撃は刻晴と同様にループが可能だが、これも倍率が低い。

アルベドは元素スキルを使ったらすぐに引っ込むので、通常攻撃を使う事は殆ど無い。

元素スキル「創生術・擬似陽華そうせいじゅつ・ぎじようか

「陽華」を設置し周囲に岩元素範囲ダメージを当たると共に、それを中心に特殊エリアを生成する。
CTは4秒。継続時間は30秒。

設置した陽華は以下の特性を持つ。

・陽華のエリア内にいる敵がダメージを受けると、追加で岩元素範囲ダメージを与える。
・キャラクターが陽華の上に乗ると晶台が生成され上昇する。
・設置できる陽華は最大1つまで。新しく設置すると古い方は破壊される。
・陽華は岩元素創造物とみなされる。

追加で与えるダメージ量はアルベドの防御力が参照される。追加ダメージは2秒に1回、敵がダメージを受けると自動で発生する。但しこれは”ダメージを受けた時”なので盾やシールドなどで防がれると発生しない。
元素粒子は追撃ダメージが発生する度に1つ生成される。

陽華エリア内で敵がダメージを受けると追撃ダメージが発生する

陽華は元素スキル長押しで設置位置を調整可能で、アルベドが交代しても場に残り効果が継続される。
キャラが設置された陽華の上に乗ると晶台が生成され昇降機のように一定の高さまで上昇する。探索に利用したり、落下攻撃で敵にダメージを与えたり、キャラや敵を選ぶが晶台の上で安全に攻撃したりできる。一応だが敵の攻撃回避にも使える。敵の攻撃の多くは上への判定が狭い事が多く、例えばトワリンの突進攻撃は晶台に乗っていれば当たらない。

元素スキル長押しで指定した位置に陽華を設置可能
陽華の上に乗ると晶台が生成され上昇する
晶台に乗っていればトワリンの突進攻撃も回避可能


しかし陽華は岩元素創造物なので、急凍樹やアンドリアスなど大型の敵に向かって設置しようとすると、その瞬間壊れてしまう(CTも発生する)。また岩元素創造物なので敵の攻撃によっては破壊されてしまう。
晶台も上に重い敵が乗ったり、オブジェクトなどに挟まっていると生成されない。
陽華はなるべく平らで敵のいない場所に設置するようにしたい。

元素爆発「誕生式・大地の潮たんじょうしき・だいちのしお

アルベドの前方に岩元素範囲ダメージを与えるシンプルな元素爆発。
元素エネルギーは40。CTは12秒。

元素スキルで設置した陽華のエリア内で使うと強化され、追加で7回岩元素範囲ダメージが発生する。
しかしこの追加ダメージは陽華のエリア内でランダムで発生する為、思うように攻撃が当たらない事もある。
必要元素エネルギーは40と少ないが、アルベド自身は元素粒子の回収力は低めなので連射性はそれ程でも無い。

通常の元素爆発
陽華のエリア内での追加ダメージ

ダメージは元素スキルのような防御力参照では無く攻撃力を参照した通常通りのダメージ。元素スキルを重視したビルドにすると火力は期待できない。
固有天賦「ホムンクルスの天智」が解放されていると、チーム全員の元素熟知が125上昇される。元素爆発はこれを目的に使用すると良いだろう。

固有天賦

白亜色の気迫

元素スキルで設置した「陽華」による追撃ダメージを、HP50%以下の敵に与えた場合ダメージ量+25%。

上昇するダメージ量が高い。但し元素スキルの特性上アルベドはボス戦には不向きな点には留意しておく事。

ホムンクルスの天智

元素爆発を使用するとチーム全員の元素熟知が上昇する。
上昇値は+125。継続時間は10秒。

125はかなり大きい上昇値。
昨今は元素熟知が重要視されてきている。元素エネルギーが溜まったら惜しみなくぶっ放そう。

天才の気付き

武器突破素材を合成する時、10%の確率でアイテムを2倍獲得する。

合成のボーナス天賦。
10%とは言え素材が増えるのは大変ありがたい。但し金素材の作り過ぎには注意。

アルベドの長所と短所

長所

お手軽で高火力な追撃ダメージ

元素スキルの効果範囲内であれば、敵に攻撃を当てるだけで追撃ダメージが発生する。
しかもその追撃ダメージの火力は高く、例え出場キャラが火力の低いサポーターでも高ダメージを与える事ができる。
《結晶》反応も発生しやすいのでシールド生成が容易。僅かだが耐久面も支えてくれる。

法器キャラが攻撃すれば確実に《結晶》反応が発生する

アルベド自身は元素スキルを設置するだけ。CTも僅か4秒で継続時間が30秒もある。
非常にお手軽。

岩元素共鳴役として採用しやすい

岩の元素共鳴である「不動の岩」は強力な元素共鳴。
アルベドの元素スキルは《結晶》反応が発生しやすいので、効果発動条件を満たしやすく維持も簡単。

アルベドは元素スキルを取り合えず設置するだけで仕事をしてくれるので、鍾離や雲菫などと組んで岩元素共鳴役としてパーティに編成しやすい。

コストパフォーマンスに優れる

アルベドの元素スキルによる追撃ダメージは防御力を参照するので、攻撃力を上げる必要は無い。
聖遺物のオプションは、HPや防御力の出現率が高めの傾向にあるので厳選が楽。
武器についても、レベルやレアリティの低い武器を装備しても問題にならない。

短所

元素スキルは一部の敵には効果が無い

アルベドの元素スキルは手軽で強力だが、弱点も多い。

アンドリアスなど大型のボスに陽華を重ねて設置しようとすると、ダメージ自体は発生するがその場で壊れてしまう。場所をずらせば設置できるがボスの攻撃でまたすぐに破壊されてしまう。
純水精霊の場合、フィールドのどこへ設置しようともすぐに壊れてしまう。

敵によっては何度陽華を設置しても壊される

他にもアビスの魔術師のシールドには追撃ダメージが発生しない、ベビービシャップの転がり攻撃で破壊されてしまう等々、一部の敵には通用しない。

元素スキルが使えないとアルベド自身が腐ってしまうようなものなので、戦う敵には注意したい。

シナバースピンドルが欲しい

シナバースピンドルはVer2.3のイベントにて配布された☆4武器。
サブステータス、効果から分かるようにアルベド専用とも言える武器。

アルベドは好相性と呼べる武器が極めて少なく、☆5武器よりこちらを装備した方が元素スキルの火力が上がる。
是非装備させたい武器だが、イベント配布武器なので現状他に入手手段が無い。

タイトルとURLをコピーしました