【原神】”普通”のアルベド性能解説(Ver3.1版)【Genshin Impact】

アルベドの基本運用

基本的な運用

アルベドは元素スキルが強力なので防御力を優先して上げていきたい。相対的に元素爆発の威力が下がってしまうが、そこは割り切ろう。

パーティはどんな編成でも十分な仕事をしてくれるが、岩の元素共鳴「不動の岩」を活かしたパーティがもっとも最適。パーティに岩キャラが一人以上いるなら、アルベドの採用を検討しよう。

基本的な立ち回り

戦闘が始まったら、とにかく元素スキルで陽華を設置する。その後元素エネルギーが溜まっていたら元素爆発を使い固有天賦「ホムンクルスの天智」を発動させて味方の元素熟知を上げる。
後は交代し攻撃はアタッカーに任せよう。

キャラや敵次第だが、晶台の上で安全に攻撃する事もできる


戦闘はなるべく「陽華」のエリア内で戦うように。
敵が陽華のエリア外へ出てしまったり、破壊されてしまったら再度元素スキルで陽華を設置する。CTが4秒と短いので再設置は容易。

但し【短所】の項にも書いた通り、元素スキルは場所や敵によっては効果を発揮できないので敵は選ぶ事。

パーティの編成例

アルベドは誰と組んでも問題無い。
以下は特にシナジーの高いパーティの一例。


岩元素パーティの基本形。
一斗はアタッカー、鍾離はシールダーと岩デバフ、ゴローはバッファー。
アルベドは元素スキルで通常状態の一斗のサポート、元素粒子回収役として活躍する。特に鍾離との相性は抜群で、一斗がガス欠中でもこの2人だけで問題無く戦える。


胡桃の基本的な蒸発パーティ。
岩の元素共鳴「不動の岩」で、胡桃の耐久面だけでなく攻撃もより強力になる。

相性の良いキャラ・装備品

お勧め☆4武器(恒常+紀行武器)

☆5武器や限定武器を除いた比較的入手しやすい武器に絞って記載。
(先週からイベント配布武器も掲載するようにしました)

シナバースピンドル
サブステータス:防御力
効果:
元素スキルダメージが防御力の40%分アップする。この効果は1.5秒毎に1回のみ発動可能で、元素スキルがダメージを与えた0.1秒後にクリアされる。

Ver2.3のイベント配布された武器。
サブステ、効果ともにアルベド専用とも言える武器。☆5武器よりこちらを装備させた方が強いが、現在は入手不可。

黎明の神剣
サブステータス:会心ダメージ
効果:
HPが90%以上の場合、会心率+14%

☆3武器だが会心ダメージと会心率両方を上げる事ができる武器。☆3なので凸しやすく最大まで精錬ランクを上げると会心率が28%にもなる。
アルベドは攻撃力を必要としないので基礎攻撃力の低さは問題にならない。効果はHPを90%以上保つ必要があるがアルベドは控えにいる事が多いのでダメージを受ける事が殆ど無い。
下手に☆4以上の武器を持たせるよりこちらの方が期待値が高い。シナバースピンドルを持ってない人はこちらの装備を検討しよう。
当然だがHPが90%を下回ると期待値が大きく下がってしまう。「浸食」効果には注意。

お勧め聖遺物

お勧めセット

華館夢醒形骸記かかんむせいけいがいき 4セット
・防御力+30%
この聖遺物セットを装備したキャラクターは、以下の状況において「問答」効果を獲得する。
「問答」効果:フィールド上で岩元素攻撃を敵に命中した後に1層獲得、0.3秒毎に1層のみ獲得できる。待機中の場合は、3秒毎に自動で1層獲得する。重ね掛けできる「問答」は最大4層までとなり、1層につき防御力+6%、岩元素ダメージ+6%。6秒毎に「問答」効果を獲得していない場合は、1層失う。

アルベドの聖遺物装備はこれ一択。
要約すると、岩ダメージ命中時あるいは待機中に防御力と岩元素ダメージが+6%される。4重まで。
アルベドは控えにいる事が多いので、スタックについては気にする必要は無い。

千岩牢固 4セット
・HP+20%
・元素スキル命中で周囲のメンバーのシールド強化+30%と攻撃力+20%。持続時間3秒。この聖遺物セットを装備したキャラクターが待機している場合にも効果を発動できる。

味方のシールド強化と攻撃力アップを同時にこなしてくれる聖遺物。
4セット効果の持続時間が3秒と短いが、アルベドの追撃ダメージは2秒に1回なので効果を維持できる。しかし2セット効果の恩恵が殆ど無い。

悠久の磐岩 4セット
・岩元素ダメージ+15%
・結晶反応による欠片を拾うと10秒間チーム全員の該当元素ダメージ+35%

岩のモチーフ聖遺物。味方のサポートを重視する場合の選択肢。
味方全員に高倍率のバフを与える事が出来る。但しこの効果を発生させるには、装備したキャラ自身が欠片を獲得しなければならない。

お勧めOP

聖遺物のメインOPは以下がお勧め。

時計
防御力岩元素ダメージ会心率
会心ダメージ

防御力=攻撃力と考え、ダメージバフ、会心系もバランス良く上げた方が火力が出来る。
冠は会心系が出るまで防御力で代用すると良い。

相性の良いキャラ

アルベドは基本的に誰と組んでも問題無く戦える。
以下はざっくりまとめたもの。

法器キャラ
煙緋やクレーなど法器アタッカー。
《結晶》反応を発生させやすくなる。
またアルベドの固有天賦で元素熟知が上がるので、元素反応ダメージも底上げできる。

時限アタッカー
レザー、胡桃など時間限定で自己強化して戦うキャラ。
彼らはガス欠中火力が低いのでそのサポートに。

岩キャラ全般
ノエルや鍾離などアルベドと同じ岩元素キャラ。
岩の元素共鳴を活かしやすく、元素スキルを使えば控えにいても岩の元素粒子をそれなりに回収できるので同じ岩キャラ全般と相性が良い。
特に鍾離とは破格の相性。

まとめ

個人的評価

アルベド最大の長所は”お手軽さ”だと思っています。
元素スキルを設置するだけで、出場キャラが誰であれ攻撃すれば大ダメージを出す事ができます。
また元素共鳴や固有天賦「天才の気付き」など、彼を操作せずとも仕事をしてくれます。
アルベドは持っているだけで役割を充分こなしてくれるので、初心者や戦闘が苦手な人にお勧めです。
ただそれ以外に出来る事は無いので、中~上級プレイヤーには物足りなさを感じるかもしれません。

アルベドは引くべき?

昔は岩元素パーティの要とされてきたアルベドですが、最近は必須とは言えなくなってきています。
岩元素パーティの元素エネルギーは雷電将軍、サポートは鍾離やゴローなど、アルベドを採用する枠がありません…。
アルベドは適当に編成できるキャラではありますが、真剣に編成を組むとなると採用候補から外れてしまいます。いると便利ですがいなくても困らないので、現状ガチャの優先度は低いと考えます。イベント配布武器「シナバースピンドル」が無いなら尚更です。ただ鍾離とは非常に相性が良いので彼を持っているなら一考しても良いかもしれません。しかしVer3.2はナヒーダが実装されると思われるので、迷っているくらいならガチャは控える事を勧めます。

タイトルとURLをコピーしました