【Fate/Grand Order】今から始めるFGO解説④ 3強編【FGO】

今から始めても遅くない!Fate/Grand Orderの初心者、又はこれから始める方に向けて、一プレイヤーの所感として解説します。

今から始めるFGO解説 関連記事
 今から始めるFGO解説① ヘラクレス編
 今から始めるFGO解説② 低レア編
 今から始めるFGO解説③ 礼装編
 今から始めるFGO解説⑤ ☆4サーヴァント編
 今から始めるFGO解説⑥ オカルト召喚編

今回はFGOで『3強』と呼ばれる強力なサーヴァント3騎について、何が強いのか初心者に分かるよう簡単に解説します。

『3強』は攻略サイトや掲示板、SNSなど見れば分かる通り、誰もが認める3騎のトップサーヴァントです。

性能について詳しい解説は、以前投稿した記事にオススメの攻略サイトを記載してますので、そちらを参照してください。

※2020/08/10のFGO5周年イベントにて、超強力なサーヴァント『アルトリア・キャスター』が実装され、現在は『3強』と呼ばれなくなりました。
『アルトリア・キャスター』については、こちらの記事を参照してください。

3強サーヴァント

☆5 諸葛孔明

マーリンが実装されるまでトップの座を欲しいがままにしていた非常に強力なキャスターであり、FGOにおいて代表的なサポーター。

スキルはどれもシンプルだが、倍率がかなり高い。例えば☆5アルトリアのスキルLv10にした「カリスマ」の攻撃バフの倍率は、孔明のスキルLv1の「軍師の指揮」のそれに及ばない。
「軍師の忠言」による防御バフの倍率も高いので、特にバーサーカーを相手取る時は心強い。

何より強力なのがスキルで味方全体にNP20%配布、さらに味方1人NPを30%配布できる点。「カレイドスコープ」2つ、限界突破した「龍脈」1つを味方に装備させれば、全員が宝具を速射する事が可能になる。孔明の宝具を除けば「カレイドスコープ」は1つで良い。NP増加量は固定なのでスキルLvは関係ない。

自前の孔明とサポートで借りた孔明を使えば、倍率の高いバフやNP配布を2重にかける事ができるので、1人は確実にNPを100%にする事が可能。俗に『W孔明』と呼ばれ、戦略の幅が広がり高難易度、周回共に当時は大いに活躍していた。

FGO配信当初から存在するサーヴァントだが、当時はスキルに「NP増加」は無く、スキルレベルも中々上げられず評価が難しかったことから、☆5最弱サーヴァントのレッテルを貼られていた。リセマラで孔明が当たったら大ハズレとまで言われ、今とは真逆の評価だった。
第1部3章配信と同時に上方修正され、一気にトップサーヴァントに…。多くのプレイヤーが手のひらクルックルと返した瞬間である。

ボス戦、周回、高難易度ともに使える高い汎用性を持ち、プレイヤー達からは全サーヴァント中もっとも”過労死しそう”な程使われるサーヴァントとして心配されている。

Fate/EXTELLA ギルガメッシュ 1/8 完成品フィギュア[プルクラ]《04月予約》

価格:15,980円
(2020/4/18 01:10時点)

☆5 マーリン

上述の孔明1強だった時代に”待った”をかけた自称グランドサーヴァント。
彼を編成するだけでボス戦や高難易度クエストの難易度が大きく下がる。攻防共に強力なサポートをこなす極めて優秀なキャスター。冠位は伊達ではない。

孔明と同じく味方全体を強化しつつNPを20%配布できる。カレイドスコープを装備させれば宝具が速射可能。
更に味方全体に無敵付与という破格のスキルを持つ。たった1つのスキルで敵の全体宝具から味方を守れる、防御系スキルの最高峰。

スキル3の「英雄作成」は味方単体のBuster性能を上げ、HP最大値を上昇させることが出来る。このBusterアップは☆5アルトリアの「魔力放出」と同じ倍率でしかも3ターン持続。HP最大値の上昇は回復の上位互換で腐りにくい。強力な割にCTが短い。

宝具は味方全体にHP・NP・スターを毎ターン獲得するリジェネような効果。一見地味だが持続ターンが5ターンと長く、その総量は馬鹿にならない。またマーリン自身、毎ターンNPを獲得するクラススキルも持つので、割をすぐに次の宝具が使える。この宝具の重ね掛けは非常に強力。

孔明と同様、自前のマーリンとサポートから借りたマーリン双方を使った『Wマーリン』がボス戦や高難易度クエストで大活躍する。合計40%のNP配布、2回はCTを気にせず全体無敵を張れる、重ね掛けで反則級の性能になる「英雄作成」と宝具…と豪勢なサポートてんこ盛り。

これらからBuster宝具を持つサーヴァントと相性が良く、宝具がBusterというだけでそのサーヴァントが有力視され、当時の環境を大きく揺るがした。

スキルも宝具も破格なものばかりで、その性能はまさに規格外。その存在感は、ガチャのピックアップが来るかもしれないと噂になるだけでTwitterにトレンド入りする程

TYPE-MOON Fate/Grand Order material V 【書籍】 (FGOMATERIAL5)

価格:1,650円
(2020/4/18 01:18時点)

☆5 スカサハ=スカディ

周回に革命をもたらしたサーヴァント。
彼女を使った『スカディシステム』と呼ばれる編成があり、これによりクエストの3ターン周回が容易になった。
スカサハと混合されないよう「スカディ」と呼ばれることが多い。

スカディ自体は、一言で言うと倍率の高いQuickバフをかけてくれるQuickサポーター。
特に注目されるのがスキル3「大神の叡智」によるNP配布。味方一人にNPを最大50%増加させてくれる。これほどの量をスキル1つで配布できるサーヴァントはスカディのみ。

そして最大の特徴は自前のスカディとサポートのスカディを使った『スカディシステム』。
又は『スカスカシステム』とも呼ばれる。
これは2騎のスカディのサポートによってアタッカーの宝具を連続で使用できる運用方法。これによって大抵のクエストは3ターン周回が可能。

方法は、Quick宝具使用時のNP獲得量が多いサーヴァントに2騎のスカディによるQuickバフを重ね掛けし、そのNP獲得量を更に増やす。それが50%程溜まれば「大神の叡智」を使うとNPが100%になるので次の宝具が撃てる。それを繰り返す。
詳しいやり方は、以前投稿した記事にオススメの攻略サイトを記載しているのでそちらを参照の事。

高難易度クエストやボス戦など、『スカディシステム』が出来ない相手でも、「魔力放出」並みに倍率の高いQuickバフをかけれる上、高いNP補助や宝具などQuick系のサーヴァントのサポートでも十分強力。

これまで不遇の扱いを受けてきたQuickを主体としたサーヴァント達が再評価され、マーリンが実装された時のように環境が激変した。Quickの宝具を持った新サーヴァントが実装される度「スカディシステムは可能か?」と期待されてしまうのが現在の環境である。

運営も『スカディシステム』を警戒しているようで、スカディが実装されて以降、システム可能な新サーヴァントは実装されていない。

※現在(2020/08/10)、アルトリア・キャスターの登場で『スカディシステム』を超えるシステムが可能となり、Quickの時代は終わりを迎えつつある。

figma Fate/Grand Order セイバー/アルトリア・ペンドラゴン〔オルタ〕新宿ver.[マックスファクトリー]《発売済・在庫品》

価格:7,944円
(2020/4/24 19:32時点)
感想(1件)

ぜひ入手したい

以上3騎が『3強』と呼ばれる強力なサーヴァントです。
いずれもキャスターでありサポーターです。

マーリンはボス戦や高難易度クエスト、スカディはフリークエストの周回、孔明は汎用性が高くどこでも使える、と言った性能。

ピックアップされればぜひ入手したいサーヴァントですが、孔明以外は限定なのでガチャの更新は見逃さないようにしたいです。

ただ注意したいのは、サポーター故にスキルが重要なのでスキルのLv上げが最優先である事。
特にスカディは、『スカディシステム』を前提にするとスキルLv10は必須。
スキルのLv上げは素材だけでなく、QPをかなり消費するので、FGOをまだ始めて間もない人はかなり苦労するでしょう。
ガチャで彼らを引き当てても、それで終わりではないのです…。

※アルトリアキャスターが実装された現在、『スカディシステム』は過去のシステムとなりつつあるので、スカディがピックアップされた時はよく考えよう。

タイトルとURLをコピーしました