【Fate/Grand Order】ピックアップされたら引きたい限定サーヴァント(2020年12月版)【FGO】

今回は2020年12月現在、ピックアップされたら引きたい☆5の限定サーヴァントをTiarで分けてまとめてみました。
初心者の人や持っていない人、迷っている人の参考になればと思います。

まだ12月上旬、まだまだ新規の限定サーヴァントが登場しそうではありますが、正月には福袋ガチャがあると予想されるので、今のうちに引くべきサーヴァントを考えておくのも良いと思います。

全てのガチャに言える事ですが、推しなら引きましょう。それが正解です。

評価の基準

変則クエストも踏まえた周回性能の高さを重視
 周回>ボス戦>高難易度クエストの順で評価

サーヴァントはスキルLv10、宝具Lv1で評価
 FGOは宝具レベルによって役割が変わる事は無いので、全て宝具Lv1を前提に評価

強化されている状態で評価
 各サーヴァントは幕間、強化クエスト等で宝具とスキルが強化済みを前提で評価

現在の環境を踏まえた評価
 とあるサーヴァントの影響があまりにも大きいので、これを前提に評価

独断と偏見で評価
 いちプレイヤーの所感として見ていただければと思います。

優先度の高いサーヴァント

Tiar EX

ピックアップされたら、多少無理をしてでも引きたいサーヴァント。

アルトリア・キャスター(術)
周回・高難易度・ボス戦全てにおいて強力な超強力なサーヴァント。
このサーヴァントの実装で、”3強”と呼ばれた孔明、マーリン、スカディの時代は終わり、これまで敷居の高かったアーツシステムが容易となった。
アルトリア・キャスター(術)を使ったアーツシステムは俗に『キャストリア・システム』と呼ばれ、現在のFGO環境はArtsの時代となり、宝具がArtsというだけでサーヴァントの評価が高い。
システムを意識せずとも、単純にサポーターとして運用しても十分過ぎるほどに強く、初心者にも心強い。
宝具で付与される「対粛清防御」の効果は1回きりだが、OCで最大5回まで増やせる。これがとにかく強く2回だけでも十分。おまけに弱体解除もできて、他のスキルで自身のNPも増やせるのだから宝具の回転率も高い。
ピックアップされたら是が非でも入手したいサーヴァント。

Tiar1

ピックアップされたら引いておきたいサーヴァント。

マーリン(術)
かつて”3強”と呼ばれ環境を支配したサーヴァントの1騎。アルトリア・キャスター(術)には出来ない要素がいくつもあるので、まだまだ強力なサーヴァント。
味方全体に無敵を付与出来る「幻術」はスキルなのでNPを貯める必要が無いので即使用可能。また宝具による毎ターンHPとNP回復+スター獲得は1ターンの効果自体は低めだが重ねると非常に強力。
クラススキル「混血」で何もしなくてもNPが増える。
またアルジュナ(狂)や超人オリオンなど強力なBusterサーヴァントと相性が良く、高難易度クエストでは頼もしいサポーター。
アルトリア・キャスター(術)を持っていないのであれば確保しておきたい。

宮本武蔵(狂)
アルトリア・キャスター(術)の実装で評価が爆上がりしたサーヴァントの一騎。
『キャストリアシステム』の適性が高く、宝具Lv1でも成立しやすい。
更にバーサーカーなのでほぼ全てのクラスに高いダメージを出せるので、敵のクラス混合編成でも周回しやすい。
現状、Artsの全体攻撃宝具を持つバーサーカーは宮本武蔵のみ。アルトリア・キャスター(術)を持っている、または今後引く予定であれば是非確保しておきたいサーヴァント。

アルジュナ(狂)
数少ないNP増加スキルを持つバーサーカー。
とにかく宝具の威力が絶大で、しかもNP増加スキルで素早く宝具が撃てる。
宝具はBusterの全体攻撃で、ダメージを与える前にBuster耐性を下げる効果があり、更にスキル「対邪悪」による特攻で更にダメージがハネ上がる。また更にバーサーカークラスという事からほぼ全てのクラスに非常に高いダメージを与える。
このサーヴァントの登場で、ギルガメッシュ(弓)など強力な全体Buster宝具のサーヴァントは過去のものに…。
スキルによるスター集中で殴るクリティカルも強力で汎用性も高い。

スペース・イシュタル(讐)
アルトリア・キャスター(術)の実装で評価が爆上がりしたサーヴァントの一騎。
『キャストリアシステム』の適性が高いが、安定させるには宝具Lvを上げておきたい。
NPを50%も増加させるスキルを持つ為、礼装に縛られにくくシステムのフォローも可能。更にアヴェンジャーなので、敵のクラス混合編成でも周回しやすい。
アルトリア・キャスター(術)を持っている、または今後引く予定であれば是非確保しておきたいサーヴァント。

Tiar2

Tiar1の次点で確保したいサーヴァント。

ジャンヌ・ダルク(弓)
『キャストリアシステム』の適性が高いサーヴァント。
元々アーツシステムの適性が高かったが、アルトリア・キャスター(術)の実装で安定度が大きく増した。NP増加スキルも持つのでシステムのフォローも出来る。宝具Lv1でも成立しやすい。
アルトリア・キャスター(術)を持っている、または今後引く予定であれば是非確保しておきたいサーヴァント。

レオナルド・ダ・ヴィンチ(騎)
トップクラスの『キャストリアシステム』適性を持つサーヴァント。
元々アーツシステムの適性が高かったが、アルトリア・キャスター(術)の実装で安定度が大きく増した。スキル「黄金律(体)」はシステムと良く噛み合うので宝具Lv1でも安定しやすい。しかも宝具で味方全体のNPも増加させるので、高難易度クエストでも大活躍。
敵が多く不利なアサシンクラスもいないクエストであれば、ほとんどはこのサーヴァントと『キャストリアシステム』だけで何とかなったりする。
アルトリア・キャスター(術)を持っている、または今後引く予定であれば確保しておきたい。

殺生院キアラ(月)
スキル説明文がやたら長いのが特徴(?)の水着キアラ。
ややこしく感じるがやる事は単純で、要はターンを稼いでスキルをランクアップさせれば良い。時間は掛かるがランクアップしたスキルはかなり強力で、その割には短いCTも考えると破格な性能と言える。
カード性能も高く多数のクラススキルも持つ盛り盛りなサーヴァントで、高難易度クエストや変則クエストでも使いやすく雑に強い。
宝具がArtsなので、アルトリア・キャスター(術)の存在もあり評価の高いサーヴァントだが、『キャストリアシステム』の適性は低め。

Tiar3

確保しておくと心強いサーヴァント。

スカサハ=スカディ(術)
かつて”3強”と呼ばれ環境を支配した1騎であり、周回に革命をもたらしたサーヴァント。
『スカスカシステム』はもはや過去の話…のように感じられるが、それはまだ早計。
今後、強力なQuick性能を持つサーヴァントが登場すれば、再びスカディの時代がやってきてもおかしくない。
既に持っているプレイヤーならまだまだ現役で周回に使えるサーヴァントだが、まだ持っていないプレイヤーはこれから引くべきか悩ましい所。

BB(月)
水着に着替えたBBちゃん。
最大の特徴であるスキル「無貌の月」はカードを固定するという代用の効かない唯一無二の能力。
これにより安定したバトルが可能になり、特に不安定になりがちなクリティカルアタッカーと相性が良い。毎ターンスターを獲得できる上、狙い通りのカード配分でクリティカルが可能。
更にスキル「自己改造」も持つので自身もクリティカルアタッカーになれる。
アタッカーとしてもサポーターとしても使えるサーヴァントで、今後登場するサーヴァント次第で評価が上がる可能性も大きい。

ライネス(騎)
性能や役割を一言で表すと”ライダークラスの孔明”。又は”孔明の調整版”。
孔明同様に、単体にNPを合計50%配布できるサポーター。全体にNP10%+単体に20%+単体に20%配布で、NP配布の合計は孔明の方が上だがその分融通が利く。他にも孔明より出来る事が多く、Arts性能はトップクラス。
スキルや宝具から特にバーサーカーと相性が良く、クー・フーリン(狂)や謎のヒロインX(狂)など単体で強力なバーサーカーの安定した運用がしやすい。
NP配布ができるサポーターが欲しい、またはバーサーカーを主体として使いたい、というプレイヤーであれば確保したいサーヴァント。

超人オリオン(弓)
トップクラスのクリティカルアタッカー。
「スターを集めてバスターで殴る! これが最強に頭のいい戦法よ!」と、どこぞのオルタが言った台詞をそのまま体現したかのようなサーヴァント。
スキルや宝具で、全てのバフをかけたときのクリティカル威力は圧巻の一言。一発一発が通常の単体宝具威力を超える。
周回には向かないが、ストーリーなど高難易度クエストで活躍しやすいトップクラスの攻撃力を持つサーヴァント。

卑弥呼(裁)
ついに☆5で登場した殴ルーラー。
特に目を惹くのがスキル「巫女のカリスマ」。なんと毎ターン合計24個のスターを獲得できる。礼装「2030年の欠片」もビックリ。
超人オリオンと似た性能で相性も良く2人の組み合わせに注目が集まるが、もっとも強力なのはアルトリア・キャスターとのコンビ。卑弥呼の宝具でアルトリア・キャスターの宝具のOCを引き上げ、5回の「対粛清防御」を展開し続ける戦術が可能。卑弥呼は威力の上がったクリティカルで殴っていく。これにより味方は攻防隙の無い鉄壁の要塞となり高難易度クエストで活躍しやすい。

クリスマス…そして正月

これまでとは違い、今月12月はより多くの新規サーヴァントが実装される可能性が出てきました。

先週から行われている『平安京ピックアップ』にて蘆屋道満、渡辺綱の2騎が実装されました。
次に予想される『平安京ピックアップ2』では「地獄界曼荼羅 平安京 轟雷一閃」で登場した新たな2騎のサーヴァントが実装されそうです。

そしてクリスマスイベント。どうやら今年もちゃんと行われるようで…。
ここで更に新規サーヴァントと配布のサンタサーヴァント実装が考えられます。

そしてそして年末年始。
これまで通りであれば、ここでまた新規サーヴァントが実装される事に…。

集金の季節とは言え、一気に6騎以上の新規サーヴァントを実装するとは…。やるな運営!

しかし『平安京ピックアップ2』は行われず、クリスマスイベントと年末年始の新規サーヴァントが「地獄界曼荼羅 平安京 轟雷一閃」で登場した例の2騎になるのでは…?と予想する人もいます。

この時期は財布が緩みがちです。
運営に踊らさせるか、それとも我慢を貫くか…。
先を見据えて今の自分に何が必要か、よく考えてガチャを回しましょう。

タイトルとURLをコピーしました