【Fate/Grand Order】クラス別トップサーヴァント ランサー編【FGO】

FGOにおいて、特に強力とされる☆5のサーヴァントを厳選し、クラス別にまとめてみました。
初心者の方はピックアップされた時のガチャを回す判断として、ぜひ参考にしてみてください。

クラス別トップサーヴァント 関連記事
セイバー編
アーチャー編
ライダー編
キャスター編
アサシン編
バーサーカー編
エクストラ編

今回はランサークラスをまとめてみました。

選考基準

単体としての性能を重視
 スカサハ=スカディなどのサポーターがいなくても十分強いサーヴァントを評価。

周回>ボス戦>高難易度クエスト の基準で評価
 FGOのおよそ8割が周回なので、周回性能を優先的に評価。

強化されている状態で評価
 各サーヴァントは幕間、強化クエスト等で宝具とスキルが強化済み、
 全てのスキルレベルが10の状態で評価。但し宝具レベルは1で評価。

育成難易度は考慮しない
 スキルレベルなど育成に必要な素材入手の難易度は関係無く評価。

3強(孔明、マーリン、スカディ)は省く
 もう説明が不要なほど強さが周知されているサーヴァントなので、今回は省きます。

独断と偏見で評価
 いちプレイヤーの所感として見ていただければと思います。

ランサーのトップサーヴァント

エルキドゥ
恒常サーヴァント。高い耐久性と火力を併せ持つボスアタッカー。
「気配感知」はCTが5ターンと回避スキルの中では最短。更に相手の回避解除は、最近は「確率で回避」を使用してくるボスがよく登場するので役立つことが多い。
「完全なる形」の回復量が最大10000という驚異の回復力。これほどの回復量を誇るスキルは他に無い。
宝具はトップクラスの火力を持ち、「人類の脅威」特攻、神性持ちを確定スタンできる。ストーリー第2部以降、神や人類の脅威はよく登場するようになってきた。
実装当初はスカサハの下位互換などと呼ばれていたが、スキルや宝具の強化、昨今のFGOに登場する敵の特性やギミックに噛み合う事が多く評価が改まってきた。

スカサハ(槍)
限定サーヴァント。別名「おっ〇いタイツ師匠」。
非常に強力な宝具を持つボスアタッカー。
宝具は確定でスタンに出来る為、令呪三画で宝具を連発し相手を封殺する事が可能。
更にスキル「神殺し」で付与できる神性・死霊特攻は倍率が高く、神性を持つサーヴァントやボスは多いので活躍の場が多い。
しかしNP効率が悪く、NP増加スキルも持たないので宝具を撃つには、礼装等で補助する必要がある。

エレシュキガル
限定サーヴァント。多くのプレイヤー達から「エレちゃん」と呼び慕われる。
NP50%チャージできるスキルを持つので周回に使いやすい。
Artsカードは1枚のみだが性能が非常に高く、下記のスキルも合わせてかなりの量のNPを獲得できる。
最大の特徴は「冥界の加護」。主に味方全体の防御面が強化される。宝具を撃つ前に使用したいスキルだが、効果の割にCTが短めなので戦闘序盤に使っても悪くない。
欠点は低いATK。優秀なバフスキルを持つものの、宝具を撃っても落とし損ねる事も…。早い宝具強化が望まれる。

ロムルス・クィリヌス
限定サーヴァント。
ローマ
宝具やスキル説明文に「ローマ」という単語がやたら多くて効果がややこしく感じるが、要は『ロムルスは自己完結したクリティカルアタッカーで、クリティカルにはローマ特攻が付いている。ローマ属性はスキルや宝具などで敵に付与できるので、高火力クリティカルを簡単に叩き出せる』。
ローマ特攻クリティカルはローマ属性限定で味方全体に付与できるものだが、宝具で味方全体にもローマ属性を付与できる。「お前もローマだ」。
しかしこのクリティカルを中心に運用するのであれば、もう少し補助が必要だが、うまくできればかなりの火力が期待できる。
単純に、NP30%チャージスキルを持つ全体宝具アタッカーとして周回にも使える。
カード構成・性能ともに使いやすく、上記のスキルもあってボス戦でも幅広く使える。
さて、以上の解説で何回「ローマ」と言ったでしょう?

以上4騎に厳選して紹介しました。
ピックアップされたら、ガチャを回すか検討してみてください。

この評価は2020年5月下旬のものです。今後サーヴァントの追加や、強化などで評価が変わる可能性があります。

サーヴァントの性能については、以前投稿した記事にオススメ攻略サイトを紹介しているので参照してください。より詳しく解説されています。

タイトルとURLをコピーしました