【原神】旅人初心者へのアドバイス【Genshin Impact】

前回の記事に続き、今回はこれから原神を始める人、または始めたばかりの原神初心者を対象とした、私なりのアドバイスや知っておきたい基礎知識をまとめてみました。

少しでも楽に原神をプレイできるように、多少なりとも参考になればと思います。

※この記事の解説はVer1.2時点でのものなので、今後アップデートなので調整されるかもしれません。

サプライ essentia 原神 刻晴 スリーブ

価格:2,200円
(2021/1/7 16:58時点)

序盤で意識すべき事

冒険ランクが20未満の、まだ原神を始めたばかりの旅人は以下の点を意識しておきましょう。

課金していくか早めに決める

原神は「世界ランク」というシステムがあり、ゲームを進めていくとランクが上がり、フィールド上の全ての敵が強くなっていく。
敵が落とす素材も良くなるが、その分入手が困難になる。特にキャラのレベル突破素材はボスが落とすので、キャラを強くしたくても出来ないという悪循環に陥る事も…。

上がった世界ランクは戻せない。
欲しいキャラがガチャで出るまで適当にプレイしていると痛い目を見る。

その為、早めに好きなキャラを入手しておきたい。入手出来ればキャラ育成も効率的に行える。
しかし原神は☆5キャラの排出率が極端に低く、リセマラもお勧めできない。好きなキャラを入手するには課金はやむを得ない。

以上の事から、課金するか否かは早めに判断しよう。何よりモチベーションも上がる。
運営に踊らされている気がするが、結構重要。

メインアタッカーを決める

まず積極的に戦っていく「メインアタッカー」となるキャラを決めよう。

原神はキャラ育成にかなりのリソースを使うので、育てるキャラは1人に絞りたい。
アタッカー1人をちゃんと育てていけば、世界ランク3まではなんとかなる。

他のキャラは元素反応やスキル使用のみ使いアタッカーをサポートする。
冒険ランクが40近くになってきたら、サポーターの育成も進めよう。

炎元素キャラはなるべくパーティに入れる

原神では炎元素キャラが優遇されている。

炎が起こす元素反応の殆どが強力な事もそうだが、探索において炎元素の出番がとても多い上、木盾のヒルチャールや草スライムの対処が非常に楽になる。
またver1.2で解放された「ドラゴンスパイン」の探索でも炎元素キャラはほぼ必須。

探索に出る場合は、アンバーでも良いのでなるべく炎元素キャラをパーティに入れた方が良い。

もし他に炎元素キャラがいないのであれば、アンバーの育成を検討した方が良いかもしれない。

シールドキャラを確保する

スキルや元素爆発でシールドを展開できるキャラは重宝される。

原神は被弾せずに戦い抜くのは非常に難しい。更に一度攻撃を受けると、そのまま連続攻撃で大ダメージを受ける事も珍しくない。その上回復手段も限られている。

シールドがあればダメージを軽減する上、ほとんどの攻撃に仰け反らなくなる。
特にアクションが苦手な人は、シールドがあるのと無いとでは難易度が劇的に変わってくる。
シールド持ちのキャラを入手出来たら育成を検討しよう。

以下はシールド能力を持つ☆4キャラ

ノエル
初心者ガチャで必ず入手できる。
スキルでシールドを展開できる。

行秋
スキル、元素爆発でシールドを展開できる。

ディオナ
スキルでシールドを展開できる。

北斗
スキルで”ガード”が可能。
1凸で元素爆発にシールド効果が付く。

辛炎
スキルでシールドを展開できる。
2凸で元素爆発にシールド効果が付く。

武器タイプ

キャラ毎に装備可能な武器タイプが決まっている。
タイプによって特徴や性能が異なるので、キャラ選びの参考に。

片手剣
攻撃範囲も速度もそこそこで、バランスの取れたオーソドックスな武器。
これと言って特徴らしいものは無い。

両手剣
リーチが長く攻撃範囲が広い。
重剣らしくスキが大きいが、他の武器と同様にダッシュやジャンプなどでキャンセル出来るのでほとんど問題にならない。
岩や氷、鉱物に大ダメージを与える事ができ、探索にも使える事から片手剣の上位互換などと言われている。

法器
通常攻撃が全て元素攻撃という特殊な武器。キャラによって攻撃性能が違う。
殆どが飛び道具で、弓ほどでは無いが遠距離から攻撃できる。
元素反応を手軽に起こせるが、スライムなど元素生命には同じ元素が効かないので、アタッカーとして使う場合は注意。


見ての通り遠距離攻撃が可能。
重撃が無い代わり「狙い撃ち」というエイム撃ちが可能で、敵の弱点を突く事が出来る。
弱点を突くと会心ダメージになり、敵によっては気絶するなど弱体化する。
「狙い撃ち」は溜め撃ちも可能で、威力が上がると同時に元素が付与されるので、スキルを使用せずに元素反応を起こせる。

長柄
「ながえ」と読む。主に槍を武器としており、これを使うキャラは現状2名のみ。
攻撃速度が速く手数で攻めるタイプだが、1回1回の攻撃力が低くモーションも長いので、これだけでダメージを狙っていくのは厳しい。
現状もっとも不遇な武器とされている。

現状、ただ敵を殴るだけの「片手剣」と「長柄」は不遇な武器とされています。

元素反応について

元素反応には色々な種類がありますが、覚えきれないという人は以下の点だけ注意しよう。

風元素と岩元素

現状、この2つの元素が有効となる敵がいない。

ゲームを進めると元素シールドを展開する敵が多く出現するようになる。これらの敵は弱点となる元素攻撃や反応を起こす事でシールドが割りやすくなるが、風と岩にはそんな敵がいない。

主人公は、現時点でこの2つの元素しか使えないので、アタッカーとしては使いにくいキャラとなっている。
無課金は厳しいと言われる要因の1つ。

元素熟知

このステータスは、元素反応が起こった際のダメージに影響を与える。
元素熟知が高い程与えるダメージは大きくなるので、特に法器キャラは意識したいステータス。

元素熟知は元素反応を起こしたキャラのステータスが反映される。
例えば、モナの攻撃で敵を「湿潤」状態にした後、クレーが攻撃した時に起こる元素反応は、クレーの元素熟知が参照される。

注意したい元素反応

敵の攻撃から特に注意したい元素反応についてまとめてみた。
元素反応はシールドでも防げないので注意。

凍結
水+氷で起こる元素反応。氷漬けになり一定時間動けなくなる。
地形や敵の攻撃タイミングによっては全く動けなくなる事も…。特に水場には注意。
もちろんこの状態で攻撃を受けると更にダメージを受ける。

燃焼
炎+草で起こる元素反応。
ヒルチャールシャーマンなどから草元素を付与されたら要注意。
炎元素を受けると燃焼状態になり、HPが物凄い勢いで減少していく。

超電導
雷+氷で起こる元素反応。一定時間物理耐性が40%も下がる。
ダメージを受けるとHPがごっそり持っていかれるので注意。

無料で必ず入手できるキャラ

以下は無料で入手できるキャラをまとめてみました。
無課金を貫くなら育成を検討しましょう。

主人公
風元素の片手剣キャラ。ゲームを進めると岩元素も扱えるようになる。
元素を切り替えて使用できる唯一のキャラクター。但し、元素の切り替えは七天神像まで行く必要がある。
スキルと元素爆発は、各元素の特徴がよく表れており、まずは基本を学んでいこう。
レベル突破素材や凸アイテムの入手は容易で育てやすい反面、スキルなどは各元素毎に強化していく必要がある。
今後アップデートで行ける国が増えていけば、全ての元素を使えるようになると思われる。

アンバー
炎元素の弓キャラ。序盤からパーティに加わる。
攻撃性能は低いが、無・微課金プレイヤーでなくとも出番となる場面が多く、現状代用の効かないキャラクターとなっている。
序盤は「狙い撃ち」による先制攻撃で炎元素を敵に付与させて、主人公の元素スキル(風)で範囲攻撃していくのが、基本的な戦い方になる。
元素スキルによるデコイは地味だが強力。無課金プレイヤーはこのデコイをどう使いこなすかがカギ。

ガイア
氷元素の片手剣キャラ。序盤からパーティに加わる。
アタッカーとサポーター両面で使える万能タイプ。氷元素は数が少なく、無・微課金プレイヤーならお世話になる事が多い。
元素スキルは前方に氷元素攻撃をするシンプルなもの。CTも6秒と短く、特にフィールド探索で水面を凍らせたい時に使いやすい。
元素爆発は自分の周囲に氷柱を発生させて、継続的にダメージを与える。キャラ交代しても場に残るので、インファイターと相性が良い。特にレザーや行秋との相性は良好。

リサ
雷元素の法器キャラ。元素反応で大ダメージを与えるアタッカー。序盤からパーティに加わる。
法器キャラなので元素反応を起こしやすく、リサは基本的にそれを狙った運用が望ましい。
通常攻撃の範囲が広くしかも追尾するので、適当にボタンを押すだけで敵にダメージを与えられる。反面、防御力は低いので被弾には注意したい。
法器キャラは同じ法器キャラと相性が良く、同じ配布キャラであるバーバラと組めば手軽に「感電」を起こして大ダメージを狙える。

ノエル
岩元素の両手剣キャラ。
ガチャ「初心者応援祈願」で必ず排出されるので、実質的な配布キャラと言える。
配布キャラの中で唯一、両手剣持ちでシールドを張れるので、無課金を貫くなら必ず入手しよう。
シールドの他に回復も可能で、パーティの安定性を向上させてくれる。聖遺物などで自身の防御力を上げていけば、スキルと元素爆発がより強力になっていく。
しかし元素チャージが苦手なので元素爆発が多用できない点には注意したい。

バーバラ
水元素の法器キャラ。回復に特化したサポーター。
冒険ランク18以上且つ、任務「青の姿のために」をクリアすると入手できる。
ヒーラーキャラだが、スキルはCTがやたらと長い上、元素エネルギーを回収できない。更に味方を湿潤状態にしてしまうので、敵の元素反応を受けやすくなるデメリットが目立つ。
基本的にサポーターとして運用される事が多いが、通常攻撃と重撃の性能は優秀で、アビス魔術師(火)のバリアなど水元素に有効な敵には頼りになる。また同じ法器キャラであるリサと相性も良く、戦闘に向かないという事は無い。

香菱
炎元素の長柄キャラ。主にサポーターとして運用される。
深境螺旋 第3層第3間をクリアすると入手できる。
元素スキルは継続的に火を噴くタヌキパンダを設置する。
元素爆発は、周囲を回転する旋火輪を出す。範囲が広く継続時間も長め。
どちらもキャラ交代しても場に残るので、元素反応を狙いやすい。
同じ炎元素の配布キャラであるアンバーと違って戦闘向き。

タイトルとURLをコピーしました