【原神】”普通”のセノ性能解説【Genshin Impact】

ついにセノが実装されました。
セノは原神配信当日に公開されたストーリーPVからその姿が公表されており、原神公式web漫画「セレベンツ」にも登場しているキャラクターです。彼の実装を心待ちにしていたプレイヤーは多いのでは無いでしょうか?
今回は新しく実装されたばかりのセノについて性能解説します。ガチャを回すか迷っている人は参考にしてみてください。

閲覧上の注意

今回解説するセノは以下を前提としています。

・星の星座は未解放(無凸)
・キャラレベルは80
・装備する武器は☆4
・通常攻撃・元素スキル・元素爆発の天賦レベルは8
・聖遺物厳選はメインOPで妥協
・ソロプレイを想定
・心境螺旋は知らない
・使用プラットフォームはPS4
・Ver3.1時点での評価

初心者または無/微課金プレイヤー向けの解説記事になります。予めご承知おきください。
本記事は筆者の個人的な評価や解説となります。あくまでも参考程度に閲覧してもらえればと思います。
間違いなどありましたらご指摘いただけると幸いです。
※因みにふりがなは適当です。

セノの基本性能

レアリティ☆☆☆☆☆(限定)
名前セノ
神の目
武器長柄武器
基礎HP(Lv90)12,491
基礎攻撃力(Lv90)318
基礎防御力(Lv90)859
Lv突破ステータス会心ダメージ

セノはVer3.1より実装されたキャラクター。
基礎攻撃力は全キャラ7位(宵宮とクレーの間)。基礎防御力は4位と高いですが基礎HPは13位と☆5キャラでは低い方。
Lv突破ステータスは会心ダメージとなっています。

セノはこんなキャラ
特徴

・元素爆発で自身を強化。モーションも専用のものに変化する
・元素スキルを使うと元素爆発継続時間が増加する
・元素爆発継続時間最大18秒

セノは魈や荒瀧一斗と同じ元素爆発による自己強化で戦って行くアタッカー。
元素スキルを使うと元素爆発継続時間が延長され、最大18秒も継続する。
ただ通常状態では頼りなく、必要元素エネルギーも80と重いのでこれらをうまくフォローする必要がある。元素爆発継続時間は長いが18秒間サポートし続けられるサポーターが現状少ない。
現時点での評価は難しいが、元素爆発は爽快感があり使っていて楽しいキャラクターなので、新しいアタッカーが欲しいという人にお勧め。

通常攻撃「七聖槍術しちせいそうじゅつ

全4段5ヒットの通常攻撃。
重撃は多くの長柄キャラと同様のドリルアタック。

セノは元素爆発を前提に立ち回るので使う機会は少ない。
元素爆発を使用すると専用のモーションに変化する。

元素スキル「秘儀ひぎ律淵渡魂りつえんとこん

少し浮いた後、敵に向かって突進し雷元素ダメージを与える。
CTは7.5秒。攻撃がヒットすると元素粒子を3つ生成する。

シンプルな突進攻撃。
小型の敵であれば貫通する特性があり、直線状に敵が複数いればまとめてダメージを与えられる。
元素粒子の生成量が多いので主にそれの回収に使用する。

元素爆発を使用すると「律淵渡魂・冥祭」に変化する。
CTが3秒に短縮され、元素爆発継続時間が4秒延長される効果が付く。

元素爆発「聖儀せいぎ狼駆憑走ろうくひょうそう

必要元素エネルギー80。継続時間10秒。CT20秒。
使用するとセノは「啓途誓使けいとせいし」状態になり以下の特性を得る。

・元素熟知が100アップする
・中断耐性がアップする
・通常攻撃/重撃/落下攻撃のモーションが変化する
・通常攻撃/重撃/落下攻撃が雷元素ダメージになる
・元素スキルが「律淵渡魂・冥祭」に変化する
・《感電》ダメージを無効化する
・効果継続時間は延長されても最大18秒まで
・交代すると効果は強制終了される

通常攻撃と元素スキルは専用のものに変化する。通常攻撃は元素爆発の天賦倍率になっているので注意。
また元素爆発状態の通常攻撃(重撃と落下攻撃も含む)は別の元素に変化しない。重雲やキャンディスなど元素付与する効果を受けない。合わせて使う事は無いと思うが一応覚えておこう。

通常攻撃

最大5段6ヒットの通常攻撃。
攻撃速度が速く攻撃倍率も高い。ただリーチが短め。
重撃は敵に向かって切り裂きながら突進する。範囲が広いが出始めに貯めモーションに入る。元素スキルではキャンセルできないので使い勝手が悪く基本的には使わなくて良い。

重撃、落下ダメージも含め全て雷元素ダメージ。
通常攻撃扱いだがダメージは元素爆発の天賦レベルが参照される。

元素スキル「律淵渡魂りつえんとこん冥祭めいさい

地面に向かって拳を叩きつけ、自身を中心に雷元素範囲ダメージを与える。
使用すると元素爆発継続時間が4秒延長される。
CTは3秒。元素粒子生成量は1~2個。

通常状態の元素スキルと違いCTが3秒になっているので元素スキルを連発しやすい。代わりに生成される元素粒子は少ない。
使う度に元素爆発継続時間が延長されるが、どんなに使っても最大時間は18秒までなので注意。

通常状態の元素スキルとは見た目も性能も違うが、天賦倍率は元素スキルなので天賦レベルはちゃんと上げよう。

因みに通常状態の元素スキルCT中に元素爆発を使うと残りCTが大きく短縮される。
殆どCTがリセットされるようなものなので、これを利用して元素スキル→元素爆発→元素スキルと動けば元素粒子を無駄なく回収できる。

固有天賦

落羽の裁決らくはのさいけつ

セノが元素爆発状態の時、一定の間隔で画面に眼のようなエフェクト「末路真眼まつろしんがん」が大きく表示されるようになる。
これが出たタイミングで元素スキルを使用すると、元素スキルの与えるダメージが35%アップし前方3方向に雷の衝撃波「渡荒の雷とこうのいかずち」を放つ。
渡荒の雷はセノの攻撃力100%分の雷元素ダメージとなる。これは元素スキルダメージ扱い。

元素爆発中、一定間隔で眼のエフェクトが出現する
タイミングが合えば元素スキルが強化される

末路真眼の表示時間は約1秒。タイミングは元素爆発発動後から6秒、4秒、4秒、4秒の合計4回。
元素スキルCTは3秒なので4回ともタイミングは間に合う。タイミングも難しく無いので末路真眼が表示されたら積極的に使おう。
これ以外の時に元素スキルを使ってしまうとCTが間に合わず、タイミングが合わなくなってしまうので注意。

九弓の権能くきゅうのけんのう

セノの元素熟知を基準に、自身の下記攻撃のダメージが増加する。
・元素爆発状態での通常攻撃ダメージが元素熟知の150%分アップする。
・固有天賦「落羽の裁決」による「渡荒の雷」のダメージが元素熟知の250%分アップする。

これは申鶴の元素スキルや雲菫の元素爆発と同様の加算型のダメージになる模様。
会心ダメージにも大きく影響を与えるので、可能な限り元素熟知を上げたい。

沈黙の恵賜ちんもくのけいし

スメールで20時間かかる探索任務を完了した時、獲得する報酬+25%。

申鶴や久喜忍などと同様の探索任務報酬アップ天賦。そのスメール版。
取り合えず利用しよう。

原神 雷電将軍 栞 Genshin Impact 黄銅製 しおり Genshin Impact 黄銅製 しおり グッズ 92*53.6*0.5mm 10.3G UV印刷 金メッキ Genshin Impact げんしん Project

価格:3,210円
(2022/10/2 10:05時点)

セノの長所と短所

長所

元素爆発による自己強化が強力

元素爆発状態の通常攻撃倍率は通常状態のそれよりかなり高い。
元素スキルのCTも3秒になり、手数も増えるので総合すると倍以上になる。

更に固有天賦「落羽の裁決」や「九弓の権能」の効果もあって、セノは元素爆発状態の攻撃性能が非常に高い。

元素爆発継続時間が長い

固有天賦「落羽の裁決」の効果で元素爆発継続時間を最大18秒にまで延長できる。
同じ元素爆発アタッカー達と比べて継続時間はトップ(魈は15秒、荒瀧一斗が11秒)。
元素爆発CTも20秒なので元素エネルギー回復が間に合えば、ガス欠状態が2秒だけで済む。
魈のようなデメリットも無いので戦闘継続能力が高い。

《激化》反応と相性が良い

元素爆発状態のセノは攻撃速度と手数に優れている。更に元素スキルは元素爆発中はCTが3秒となり元素付着CTも0。その為《激化》を多く発生させやすい。

また固有天賦「九弓の権能」を持つので元素熟知を伸ばす恩恵が大きい。
《激化》反応の火力も上がるのでセノは攻撃力より元素熟知を優先して上げていこう。

短所

通常状態では頼りない

魈や荒瀧一斗など元素爆発アタッカーの宿命。

セノの火力の殆どは元素爆発に依存している。非元素爆発状態では頼りない。
セノは元素爆発による自己強化前提の性能なので、戦う時は元素爆発を駆使して戦おう。

必要元素エネルギーが重い

元素爆発の必要元素エネルギーは80と重い。
同じ元素爆発アタッカーである魈や荒瀧一斗より重い。
セノは上記の通りガス欠中は頼りない。他のキャラでフォローしよう。

サポートできるキャラが限られる

元素爆発継続時間は最大18秒。これはメリットだが同時にデメリットでもある。
セノの元素爆発状態は、交代してしまうと効果が終了してしまう。よって18秒以上サポートし続けられるキャラを編成したいが、対応できるサポーターは現状限られている。

原神 ・護法夜叉Ver.

価格:24,510円
(2022/10/2 10:08時点)

タイトルとURLをコピーしました