【原神】”普通”のエウルア性能解説(Ver2.2版)【Genshin Impact】

エウルアの性能解説は以前にもしましたが、Ver2.3より復刻されるとの事で、現在(Ver2.2)のエウルアについて解説します。

エウルアはVer1.5にて実装された数少ない☆5の両手剣キャラであり、希少な物理アタッカーです。
実装当時はその高い火力でそこそこ話題になった程度でしたが、Ver2.1で雷電将軍が実装された事で再注目されています。
今回は今のエウルアについて再評価も含めた性能解説となります。

閲覧上の注意

この記事で紹介するエウルアは以下の基準での評価となります。

・星の星座は未解放(無凸)
・キャラレベルは80
・装備する武器は☆4でレベルは80
・通常攻撃・元素スキル・元素爆発の天賦レベルは6
・聖遺物厳選はメインOPで妥協
・ソロプレイを想定
・使用プラットフォームはPS4

言わば”普通のエウルア”になります。
あくまでも参考程度に記事を閲覧していただけると幸いです。

【新品】2022年11月末頃入荷次第発送予定 APEX 原神 刻晴 霓裳快雨Ver. 1/7スケール PVC&ABS製 塗装済完成品フィギュア げんしん こくせい オープンワールドゲーム

価格:24,859円
(2021/11/13 22:31時点)

エウルアの基本性能

レアリティ☆☆☆☆☆(限定)
名前エウルア
神の目
武器両手剣
基礎HP(Lv90)13,226
基礎攻撃力(Lv90)342
基礎防御力(Lv90)751
Lv突破ステータス会心ダメージ

エウルアはVer1.5より実装された限定☆5キャラであり、今でも数少ない物理での攻撃を主体とする物理アタッカーです。
元素スキル、元素爆発に物理ダメージが含まれており、とにかく物理に特化した性能となっています。

原神は物理耐性の高い敵が多く、高い火力を狙う場合どうしても元素攻撃が基本となりますが、エウルアは物理ダメージの倍率が高めに設定されており、特に元素爆発の物理ダメージ倍率は1000%を軽く超える凄まじい火力となっています。

通常攻撃

通常攻撃は、5段攻撃でヒット数が7回。倍率も高く総ダメージではトップクラス。
両手剣キャラの中では手数が多く、攻撃速度も両手剣キャラの中では速い方で癖も無く使いやすい。

重撃はディルックや北斗と同じモーションの連続攻撃。
現状、使う機会は殆ど無い。

元素スキル「氷潮の渦」

短押しと長押しの2種類があり、それぞれ性能が異なる。

短押し

元素スキル短押しは、敵に氷元素ダメージを与えるシンプルな攻撃。
威力は低いがCTが4秒と短く、攻撃が敵に当たると「冷酷な心」を1つスタックする。
「冷酷な心」は以下の特性がある。

・命中するとエウルアの防御力と中断耐性を上昇させる
・防御力は「冷酷な心」1つにつき30%上昇する
・「冷酷な心」は最大2つまでスタック可能
・「冷酷な心」の効果は18秒継続する
・「冷酷な心」はキャラ切替しても消えない(時間が経過すると消える)

「冷酷な心」のスタック数は、元素スキル短押しが命中した時、頭上に現れるアイコンで分かるようになっている。

「冷酷な心」一つ
「冷酷な心」二つ
キャラ交代した時も頭上にアイコンが表示される。

アイコンはすぐに消えてしまうが「冷酷な心」の効果中はマントが輝くので判別可能。

「冷酷な心」一つ
「冷酷な心」二つ

長押し

元素スキル長押しは、短押しでスタックした「冷酷な心」を全て消費し、周囲の敵に氷元素ダメージを与える。
発生はやや遅くなるもののリーチが長い。

リーチが長い

これには以下の効果がある。

・敵の物理耐性及び氷元素耐性がダウン
・消費した「冷酷な心」1つにつき「氷渦の剣」が出現し、敵に氷元素ダメージを与える
・「冷酷な心」を2つ消費した場合「氷渦の剣」の追撃後、爆発し物理ダメージを与える(固有天賦「氷の残剣」解放後)

・CTが10秒になる

「冷酷な心」1つにつき「氷渦の剣」が敵を追撃する

元素スキル自体の威力は低めだが敵の耐性を下げられるので、積極的に狙っていきたい。
しかし長押しはCTが10秒になってしまう点だけは注意。

最後の爆発は物理ダメージで威力が高い

固有天賦「氷の残剣」解放後、「冷酷な心」を2つ消費した時に発生する爆発は、物理ダメージとなっておりダメージ倍率が高い。

元素爆発「氷浪の光剣」

周囲に氷元素ダメージを与えた後「光臨の剣」が出現する。
時間経過後「光臨の剣」が爆発し周囲の敵に物理ダメージを与える。
元素爆発の初撃こそ威力は低いものの、その後に出現する「光臨の剣」の爆発は条件付きだがダメージが凄まじく高い。

「光臨の剣」は以下の特性を持つ。

・「光臨の剣」は7秒間、エウルアを追尾する
・「光臨の剣」出現中はエウルアの中断耐性が上がる
・エウルアが敵にダメージを与えると「光臨の剣」にエネルギーが溜まる
・「光臨の剣」は時間が経過すると爆発し、周囲に物理ダメージを与える
・爆発のダメージは「光臨の剣」に溜まったエネルギーのスタック数による
・エウルアが別キャラに交代すると、「光臨の剣」はすぐに爆発する

スタックが溜まると「光臨の剣」の刀身部分が成長していく

「光臨の剣」の爆発は物理ダメージで倍率が1000%を軽く超える数値となっており、普通にスタックを貯めていけば倍率は3000%以上になる。
スタック最大時はなんと7000%以上の倍率になるとの事。

しかし「光臨の剣」に溜まるエネルギーのスタックは、以下のような注意点がある。

・スタックの受付は7秒間
・「光臨の剣」に溜まるエネルギーのスタックは最大30個
・スタックの判定はヒットではなくダメージ
・元素爆発初撃の氷元素ダメージはスタックに含まれない
・雪葬の星銀など武器による追加ダメージはスタックに含まれない
・フィッシュルの元素スキルなど他のキャラによるダメージは含まれない
・同時に複数の敵にダメージを与えた場合、獲得するスタックは1つ

つまり、スタックを貯めるには7秒間エウルアのみの攻撃で敵にダメージを与えていく必要がある。
無凸のエウルアでは、せいぜい13~15程度スタックするのが限界らしく、最大まで貯めきるには6凸効果が必須。

ガードされた攻撃はスタックに含まれない

威力こそ凄まじいが、その分必要元素エネルギーが80と重く、その上エウルア自身は元素エネルギー回収力が低いので、気軽に使える代物では無い。
また「光臨の剣」爆発まで時間が掛かかる上、高いダメージを与えるには敵にひたすら攻撃していく必要がある。
やる事は簡単だが安定させるには難しい癖の強い元素爆発となっている。

固有天賦

氷の残剣

元素スキル(長押し)を発動した時、「冷酷な心」を2つ消費すると、「光臨の剣」の欠片を創造し爆発する。これは元素爆発(スタック0状態)の基礎ダメージ50%分の物理ダメージを与える。

ダメージは元素爆発と同じ扱いとなり、雷電将軍などのバフの恩恵を受ける事が出来るが、「元素爆発発動」の判定にはならない為、聖遺物「旧貴族のしつけ」4セット効果は発動しない。

戦意の表れ

元素爆発を発動した時、元素スキルのCTがリセットされ、更に「冷酷な心」を一つ獲得する。

エウルアの元素爆発のスタックをより多く得たい場合に重要となってくる天賦。

貴族の省察

天賦本を合成した時、10%の確率でアイテムを2倍獲得する。

似た天賦を持つ行秋がいるが、こちらは合成した素材をそのまま2倍得られる。
確率は低いものの効率はほんの僅かだがエウルアの方が高い。

『鬼滅の刃』吾峠呼世晴画集ー幾星霜ー (愛蔵版コミックス) [ 吾峠 呼世晴 ]

価格:1,650円
(2021/11/13 22:35時点)

エウルアの長所と短所

長所

トップクラスの攻撃力

エウルアの基礎攻撃力は全キャラ中2位となっている(1位は魈)。
聖遺物などの「攻撃力+〇〇%」は基礎攻撃力を参照するので、これが高い程ステータスが大きく伸びやすい。

無凸でも元素爆発の威力がかなり高いので、トップクラスの火力が期待できる。

多くの敵に対応しやすい

元素ダメージと違い、物理ダメージは無効化される事が殆ど無い。
物理ダメージを無効化する敵は、評判任務で時々登場する程度。
またエウルアの武器は両手剣なので、岩盾や岩シールドなど岩元素にも対処しやすい。

同じ氷元素の敵でも問題無く戦える

《超電導》さえ発生させれば物理耐性の高い敵でも戦いやすくなるので、殆ど敵を選ばないのもエウルアの魅力の一つ。

その為パーティ編成では他にアタッカーが必要無く、他のサポーター育成にリソースを注ぎやすくなるので無/微課金に優しいキャラクターと言える。

元素スキルのCTが短い

元素スキル(短押し)のCTは僅か4秒と短い。
しかも攻撃と同時に自身を強化でき、聖遺物「蒼白の炎」4セットとの相性も良く、更なる火力アップが可能。

この速さは継続的に元素付着させるようなものなので、サポーター次第で《超電導》を維持しやすく、期待値が高い。

打たれ強い

エウルアは元素スキルで防御力と中断耐性を上昇させる事が出来る。
元素スキルは短いスパンで使えるので、上昇させた防御力と中断耐性を維持する事が可能。

とは言え、気づいたら体力が赤信号だった…とならないようダメージの受け過ぎに気を付けよう。

短所

物理耐性の高い敵が多い

原神で登場する敵は何かしら耐性を持っているが、中でも物理耐性を持つ敵は結構多い。

例えば、よく見かける「ヒルチャール・暴徒」は物理耐性30%を持っており、物理で殴っていくのであれば《超電導》が欲しい。
「遺跡守衛」の場合、物理耐性が70%もあるので《超電導》を使ったエウルアでも思うようにダメージが伸びない。

《超電導》は必須

物理ダメージは無効化される事が殆ど無いとは言え、今の環境での物理アタッカーは《超電導》が必須。

元素爆発の回転力が低い

エウルアは元素爆発の必要元素エネルギーが80と重く、元素エネルギーの回収能力も低いので、元素爆発を気軽には使えない。
風元素キャラを多く編成するなど、何らかのフォローやサポートが欲しい。

敵の元素シールド対処が難しい

物理アタッカー最大の欠点。

両手剣なので岩シールドには対応できるが、それ以外となると厳しい戦いを強いられる。
エウルアの元素スキルはCTが4秒とはいえ、シールド割りに適しているとは言えない。

アビスの魔術師は強敵

アビスの魔術師などのシールド対処には他のキャラに任せた方が無難。

癖の強い元素爆発

元素爆発で出現する「光臨の剣」は爆発まで7秒と時間がかかる。
これは爆発までのカウント表示されない上、「光臨の剣」は7秒直後に爆発するのではなく、スタックの受付が7秒間であり、そこから爆発するまで少しタイムラグがある。

更に「光臨の剣」はエウルアを追尾するので、敵の攻撃を避けようとうっかり距離をとったり、敵にワープされたり、ターンを要求されたり…等々、狙ったタイミングでダメージを与えるのが困難。

「光臨の剣」の爆発はキャラ交代する事ですぐに起爆させる事ができるが、これにも爆発までラグがある。
回転力が悪い上に不安定な要素が多く、エウルアの元素爆発は使いづらい性能と言える。

《凍結》と相性が悪い

《凍結》状態の敵に、両手剣で攻撃すると《氷砕き》が発生してしまう。

《氷砕き》は《凍結》を解除させ、追加でダメージを与える効果があるが、このダメージは元素熟知が参照される為、よっぽど元素熟知を特化させない限り高いダメージは期待できない。
寧ろ《凍結》を解除させてしまうデメリットの方が目立つ。

水元素キャラと組ませる場合は注意が必要。

初心者には育成が厳しい

エウルアのレベル突破素材には「凝結の華」が必要。

これはドラゴンスパインに登場するフィールドボス「無相の氷」からドロップできるアイテムで、このボスを出現させるにはドラゴンスパインの世界任務『山に隠されし物』をクリアする必要がある。

ドラゴンスパインには「極寒ゲージ」と呼ばれる独特のシステムがある

この世界任務は難易度が高めで、初心者がクリアするには少し困難。
よってエウルアは序盤から活躍させるには無理があるキャラクターとなっている。

TVアニメ『ウマ娘 プリティーダービー Season2』 2022年版 壁掛けカレンダー[エンスカイ]《12月予約》

価格:1,643円
(2021/11/13 22:40時点)

タイトルとURLをコピーしました