【原神】テイワット要注意ザコ敵5選(Ver2.7)【Genshin Impact】

今回はテイワットにはびこる非常に厄介なザコ敵(フィールド上に出現するエネミーのみを対象)を筆者の独断と偏見で5体選んで紹介します。
これらの敵の厄介な点とその対策を考察していくので、参考にしてもらえればと思います。

閲覧上の注意

今回の記事は以下を前提としています。

・世界ランクは8
・ソロプレイを想定
・心境螺旋は知らない
・使用プラットフォームはPS4
・Ver2.7時点での評価

本記事は筆者の偏見や解釈による解説となりますので、参考程度に閲覧してもらえればと思います。
間違いなどありましたらご指摘いただけると幸いです。

要注意ザコ5選

アビスの魔術師

特徴

炎・水・氷・雷の4つの元素タイプがいる。
それぞれの元素を纏ったシールドを展開し、攻撃を一切受け付けない。
プレイヤーと距離が離れていると目の前にワープしてくる。これには出現時にダメージ判定がある。

各元素タイプ毎にそれぞれ以下のような詠唱攻撃を持つ。
・炎アビスは、使い魔(?)を3体召喚し、プレイヤーを囲って炎元素で3回攻撃する。
・水アビスは、プレイヤーを追尾する大きな泡を放ち拘束する。
・氷アビスは、プレイヤーの頭上から3回氷柱を落とす。
・雷アビスは、周囲に輪っか状の雷範囲攻撃をする。

シールドを破壊するとスタン状態になり攻撃しやすくなるが、放置していると中断耐性が上がり強力な範囲攻撃をしてくる。暫くするとシールドを再展開する。

対策

各シールドにはそれぞれ有効な元素攻撃があるので、それを当てていけばシールド耐久値を削りやすい。
対策はそれぞれ以下の通り。

  • 炎アビス
    シールドには水元素が有効。
    詠唱攻撃を始めたら取り合えずその場から離れる。使い魔自身にはダメージ判定が無い。
  • 水アビス
    シールドには氷元素が有効。
    詠唱攻撃による泡は破壊可能。但し泡の破裂時にダメージ判定があるので、離れた位置から弓矢で狙い撃ちすれば安全。また泡は敵味方関係無く拘束するので、他の敵に当たるよううまく誘導するのも良い。
    因みに泡による拘束はシールドでは防げないので注意。
  • 氷アビス
    シールドには炎元素が有効。
    詠唱攻撃は、プレイヤーが止まっていると頭上に、移動していると目の前に氷柱を落としてくる。氷柱の落下地点は表示されるので、ジグザグに移動するか後ろへ回避すると良い。
  • 雷アビス
    シールドには氷や炎元素が有効。
    詠唱攻撃は、アビス自身を中心とした範囲攻撃。発生が速めで威力も高いので、詠唱を始めたらすぐに雷アビスから離れるように。
詠唱攻撃後に煽ってくるが我慢しよう

シールドを破壊したら再展開される前に倒してしまおう。
シールドを再展開する動作を始めたら、重撃でノックバックさせて中断させると良い。氷アビスは接近するのが難しいので弓矢の重撃で阻止する。顔に直撃させれば確実にノックバックさせる事が出来る。

ファデュイ先遣隊・重衛士

水銃
氷銃
特徴

現在は水銃と氷銃の2種類がいる。
水銃は攻撃だけでなく敵のHPを回復させ、氷銃は氷銃噴射で範囲攻撃をしてくる。
二体とも他のファデュイ先遣隊と同様に、一定時間が経つとシールドを張り攻撃を軽減してくる。
この二体はコンビで出現する事が多く、無闇に突っ込むと水+氷の《凍結》でハメ倒されてしまう。

水銃と氷銃はコンビよく出現する

特に厄介なのは氷銃。氷銃の氷銃噴射は範囲・追尾・持続・中断耐性どれも強力で、範囲が広く近づけない、裏に回ろうとも異常なほどの追尾性能で隙が無い、氷銃噴射が尽きるのを持っても中々終わらない、終わってもすぐに噴射し直す、強引に突っ込んで攻撃を中断させようともシールドもあって中断耐性が非常に強い…等々。他のファデュイ先遣隊達の中で特に注意すべき相手。

対策

水銃は最優先で倒す。シールドには雷元素が有効。しかし他のシールドと比べて削りにくいので注意。炎元素で攻撃して《蒸発》、氷元素で攻撃して《凍結》でゴリ押すのも手。

氷銃は後回し。他にザコ敵がいるならそちらを倒しきり単騎戦に持ち込むと良い。氷銃噴射が終わった瞬間を狙って全力で攻撃を叩き込む。シールドには炎元素が有効。一気にシールドを削り切れる。遠距離攻撃が得意な煙緋や宵宮がいるなら有利に戦える。

ファデュイ・雷蛍術師

特徴

雷元素の飛蛍を3匹召喚しそれぞれ雷攻撃をしてくる。
飛蛍は動きが素早く飛んでいるので攻撃が中々当たらない。更に本体を狙おうにもターゲットが飛蛍に吸われてしまう。飛蛍に集中しているとその隙に雷を落とされたり、ワープされていつの間にか距離を離される。
雷落としは威力が高く、落下地点は暫く帯電し雷ダメージフィールドとなる。
ワープはヒットストップ中やノックバック中でも関係無くワープする。これが非常に厄介で本体を見失いやすく、タイミングが悪いと元素爆発を回避されてしまう事も…。

飛蛍を3匹召喚して攻撃してくる

更に一定時間が経つとシールドを纏い、プレイヤーを追いかけながら継続的に雷ダメージを与え続けてくる。この攻撃は回避が困難で継続時間が10秒と長い。

対策

飛蛍は無視して本体を集中して攻撃する。雷シールドを張られると一気に不利になるのでその前に倒す。他のザコ敵よりも撃破優先度は高い。

弓や法器キャラの攻撃は飛蛍にターゲットが吸われやすいので、可能な限り本体に接近して攻撃する。
雷落としは高威力だが落下地点が表示されるのでその場から離れれば良い。しかし連続で落としてくる事があるので油断しないように。

本体は攻撃されてもヒットストップやノックバック関係無くワープしてくるので、距離を離されたらすぐに行方を追う事。ワープ先は画面外が多い。《凍結》すればワープされないので楽に倒せる。
とにかく本体を見失わないように。

シールド状態の攻撃を回避するには逃げるしかない

もし雷シールドを張り始めたら潔く逃げよう。この行動を中断させる事は基本出来ない。
雷攻撃の射程は長く、低身長キャラのダッシュ程度では逃げ切れない。高身長キャラに交代して逃げよう。この行動は10秒続く。
シールドは破壊可能で弱点は炎または氷元素。シールド破壊に自身が無いなら逃げた方が無難。

【楽天ブックス限定全巻購入特典 他】『SPY×FAMILY』Vol.3 初回生産限定版 DVD(描き下ろし絵柄使用 A5ジオラマアクリルスタンド 描き下ろし絵柄使用 缶バッジ4種 他) [ 江口拓也 ]

価格:7,700円
(2022/6/19 12:04時点)

アビスの使徒/詠唱者

アビスの使徒
アビスの詠唱者
特徴

現在は水元素の『アビスの使徒・激流』、雷元素の『アビスの詠唱者・紫電』、炎元素の『アビスの詠唱者・淵炎』の3種類がいる。
初登場時は魔神任務のボスとして登場したが、Ver2.4で実装された淵下宮にてフィールドで出現するように…。
ザコ敵とは思えない高いHPと多種多彩で強力な攻撃を持つ。

それぞれ一部攻撃は以下の特殊効果があるので、可能な限り被弾は避けたい。
・激流の一部攻撃はキャラのCTを増加させる。
・紫電の一部攻撃はパーティ全体の元素エネルギーを減少させる。
・淵炎の一部攻撃はパーティ全体のHPを一定量減らす。

彼らは共通で、HPを80%以上減らすと「漆黒の新生」という状態になり、攻撃が強化されると同時にシールドを張ってくる。この行動は確定で行ってくるので、シールドを張られる前に一気にHPを全て減らす事は出来ない。
シールドを全て削り切ると残りHPに関係無く即死する。実質HPが2つあるようなもの。

対策

攻撃はそれぞれ多種多彩。特に詠唱者は範囲攻撃が多く避けきるのが難しい。
特殊攻撃が厄介なのでこちらもシールドを張って戦うと良い。

シールドがあると楽

「漆黒の新生」状態のシールドは元素を纏っているので元素攻撃するだけで元素反応が起こる。シールド削りには元素反応が有効の為、法器キャラで挑むと比較的楽。
各シールドはそれぞれ対応した元素攻撃が有効。激流には氷元素、淵炎には水元素、紫電は炎と氷元素が有効。戦う前は準備しておくように。

フライム

特徴

現在は炎、水、雷、氷、風、岩の元素タイプ6種類がいる。
元素生命であり追尾性のある飛び道具に、各元素タイプ毎に異なる攻撃をしてくる。
共通して「怒気」というゲージを持ち、ダメージを受けると上昇し満タンになると一部の攻撃が強化される。
見た目によらずHPが高く0になると自爆する。自爆攻撃も各自異なる。

多くの原神プレイヤーを今だに悩ませ続けている非常に厄介なザコ敵。
何が厄介かというと以下の通り

・常に宙に浮いておりダウンしない
・片手剣や両手剣、長柄武器では攻撃を当てにくい
・攻撃を受けると後退してプレイヤーから距離を離す
・集敵効果が効かない
・自爆するまで暫くかかるので倒したのか分かりづらい
・HPを0にしても自爆するまで倒した事にならない

常に宙に浮いており片手剣や両手剣など近接攻撃が届きにくい。
海辺や崖付近などのフィールドに出現する事が多く、攻撃すると奥まで後退されて攻撃の殆どが届かなくなる。集敵効果も効かないので引き寄せる事も出来ない。
HPを0にすると自爆するが、それまで少しかかり、HPバーも表示されたままなので倒したか判別がしにくい。しかも自爆するまで倒した判定にならないので、武器の黒岩シリーズなど”敵を倒した時”をトリガーとする効果の発生条件が自爆するまで満たせない。また深境螺旋などタイムを計るコンテンツでも自爆するまでタイムは止まらない。

攻撃が届かない

以上に加えてフライムはHPが高く、元素生命なのに普通の敵と同様に元素を2つ合わせないと元素反応が起きない。逆に同じ元素攻撃は無効化する。まさに害敵。
あまりにも嫌がらせが過ぎる所為か、原神がアップデートされる毎に弱体調整がされているクソオブクソエネミー

対策

遠距離攻撃が得意な弓、法器キャラなら有利に戦いやすい。
攻撃を受けると後退していくが、逆に攻撃しなければ近寄ってくる。後退させたくない時はフライムの背後に回って、後退方向をうまく調整すると良い。
HPが高いので怒気ゲージ上昇は避けられない。気にするだけ無駄なので無視して良い。

特に注意したいのは水フライム。
プレイヤーにダメージを与えると同時に敵を回復させる攻撃をしてくる。回復量も多く、複数水フライムが登場するとお互いを回復し合うので、長期戦になりやすい。
元素反応などで一気に大ダメージを与えて回復させる前に倒してしまおう。

フライムが現れたら出し惜しみせずに元素爆発を使って処理していくのと良い。
もしくはスルーしよう。動きも遅めでワープ能力も持たないので、見つかっても楽に逃げ切れる。

ねんどろいど SPY×FAMILY アーニャ・フォージャー[グッドスマイルカンパニー]《12月予約》

価格:5,655円
(2022/6/19 12:04時点)

まとめ

他にも色々困った敵はいますが、個人的には以上の5種類がもっとも厄介な敵だと思っています。
これら共通した対処方法としては、炎と水、氷の元素攻撃が得意なキャラをそれぞれ揃えておく事です。この3つの元素があればシールドを破壊しやすくなり、多くの場面に対応しやすくなります。

特に炎の法器アタッカーである煙緋はお勧めです。
同じ炎元素を纏った敵相手では詰んでしまいますが、それ以外であれば多くの場面に対処出来ます。☆4なので入手もしやすいです。
行秋やフィッシュルなどと組んで、継続的に元素反応を起こして大ダメージを与えていくと良いでしょう。

雷蛍術師を相手にする場合は接近しよう

もし他に水や氷の法器アタッカーが実装されれば、対処が更に楽になっていくと思うので、末永く実装を待ちましょう。

タイトルとURLをコピーしました