【原神】各元素キャラクターの特徴と傾向(Ver2.1)【Genshin Impact】

今回は、これまで実装されてきたキャラクターを各元素毎に分け、その特徴や傾向をまとめてみました。

ゲーム攻略に役立つような内容ではありませんが、各元素をそれぞれ並べてみると見えてくるものがあるので、暇つぶし程度に見ていってくれると嬉しいです。
もしかしたらパーティ編成やキャラ育成、新キャラの性能予想などの参考になるかも?しれません。

閲覧上の注意

筆者は以下のプレイスタイルで記事を作成しています。

・持っていないキャラがいる
・育てていないキャラがいる
・武器ガチャは引かない
・☆5キャラは無凸
・聖遺物厳選はメインOPで妥協

・基本ソロプレイ
・使用プラットフォームはPS4

以上の通りガチプレイヤーでは無いので、予めご承知おきください。
あくまでも参考程度に記事を閲覧していただけると幸いです。

【特典】鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚 PS4版(【予約同梱特典】「鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚」オリジナルICカードステッカー 【外付】ufotable描き下ろし A4クリアファイル[イメージビジュアル/イメージビジュアル第2弾])

価格:7,106円
(2021/10/12 10:14時点)

炎元素

起こせる元素反応は《蒸発》、《融解》、《過負荷》。
元素共鳴は『熱誠の炎』。味方全体の攻撃力を25%上げる。

実装済みのキャラクター

アタッカーサポーターサブアタッカー
☆5(恒常)
☆5(限定)
☆4
※役割は無凸前提。筆者の偏見や解釈で割り振ってます。

現在実装されている炎キャラは9人と最多。
総合力トップのディルック、トップアタッカーの胡桃、トップサポーターのベネットなど単純に強力なキャラが多い。
煙緋は☆4の中では特に強力なアタッカーで、☆5以上の炎アタッカーがいないプレイヤーにお勧め。
※Ver2.2後半で実装される☆4キャラ、トーマは炎サポーター又はサブアタッカーと見られている。

香菱は炎サポーターの中では数少ない、継続的に炎元素を与えられるキャラクター。この点はベネットには出来ない能力。
条件を満たせばガチャを回さなくても必ず入手でき、最近評価が上がってきているので育てて損は無い。

キャラが多いだけあり全体的に役割が揃っているので、☆4だけでそれなりに高水準なパーティが出来る。

メイン聖遺物

炎元素を強化する聖遺物。

燃え盛る炎の魔女
2セット効果:炎元素ダメージ+15%
4セット効果:過負荷、燃焼反応によるダメージ+40%。蒸発、溶解反応による加算効果+15%。元素スキルを発動した10秒間、2セットの効果+50%、最大3重まで

通称『火魔女』。強力な炎の元素反応がより強力になる。
4セット効果の《蒸発》、《溶解》効果が+15%と低く見えるが、増幅型であるこれらの元素反応にとってこの数値は馬鹿にならない。
また元素スキルを発動すると2セット効果が+50%される効果は、自前で重ね掛け可能なのはディルックのみだが、50%上昇は大きく殆どの炎アタッカーと噛み合う。

特徴と傾向

炎元素なので攻撃性能が強い…というより”炎の元素反応を使った攻撃が強力”という見方が正しい。
特に《蒸発》と《融解》は今だ最強の元素反応であり、メイン聖遺物『燃え盛る炎の魔女』もあって、炎元素が強力たる所以となっている。
ベネットと元素共鳴も合わせるとかなりの火力が期待できる。その為、炎元素は高いダメージを求める場合どうしても必須となる。

攻撃以外にも、探索のギミック対応や、《燃焼》を使った敵の攻略など出番となる事が多く、原神でもっとも優遇された元素と言える。

水元素

起こせる元素反応は《蒸発》、《凍結》、《感電》。
元素共鳴は『治療の水』で、味方の回復量が30%増加する。

実装済みのキャラクター

アタッカーサポーター サブアタッカー
☆5(恒常)
☆5(限定)
☆4
※役割は無凸前提。筆者の偏見や解釈で割り振ってます。

現在実装されているキャラは5人。純アタッカーと呼べるキャラはタルタリヤのみ。他はサポートに特化している。
☆4は行秋とバーバラの2人のみ。よって水キャラに不足しているプレイヤーは多い。特にバーバラの回復にはお世話になったプレイヤーは多いだろう。

行秋は原神の最強サポーターの一人。
もっとも使用率の高い水キャラだが、突破素材を落とすローデシア撃破に苦労したプレイヤーは少なくなく、初心者は育成が厳しいかもしれない。

メイン聖遺物

水元素を強化する聖遺物。

沈淪の心
2セット効果:水元素ダメージ+15%
4セット効果:元素スキルを発動した後の15秒間、通常攻撃と重撃のダメージ+30%

アタッカー向けの効果を持つ聖遺物。現状、この聖遺物をもっとも活かせるキャラはタルタリヤ一人。
一応、水キャラ以外キャラにも使えるし、水サポーター達をアタッカー運用にして使うのもアリだが、水アタッカーが少ない現状、タルタリヤ専用聖遺物と言っても良い。

特徴と傾向

元素のばら撒きが得意なキャラが多く、敵に接近したり適当に攻撃するだけで、周囲の敵にどんどん水元素を付着していく。法器キャラが3人もいるので元素付着能力はトップ。
その為継続して元素反応を起こしやすく、氷キャラと合わせると《凍結》させ続けながら一方的に攻撃できて強力。
しかし元素スキルは何故か自身にも水元素を付着させるデメリット(?)を持っている事が多く、逆に《凍結》されてしまう事もしばしば。

行秋の存在が非常に大きく、水元素は現状彼の独壇場とも言える。
水キャラは行秋しか育ててない、行秋以外眼中に無い…というプレイヤーも多いのでは?

ウマ娘 プリティーダービーマグカップメジロマックイーン

価格:1,100円
(2021/10/12 10:16時点)

氷元素

起こせる元素反応は《融解》、《凍結》、《超電導》。
元素共鳴は『粉砕の氷』で、氷元素付着または《凍結》状態の敵を攻撃するときに限り会心率が15%上昇する。

実装済みのキャラクター

アタッカーサポーター サブアタッカー
☆5(恒常)
☆5(限定)
☆4
※役割は無凸前提。筆者の偏見や解釈で割り振ってます。

現在実装されているキャラは9人。炎元素並みにキャラが多い。
アタッカーはどれも強力で、特に甘雨と神里綾華は現在のトップアタッカーに数えられる。エウルアも雷電将軍とのコンビが強く最近評価が上がったキャラクター。

氷のサポーターといえばディオナ。
シールドが強力で回復も可能。鍾離の代用として候補によく挙がるが、元素共鳴役として鍾離より優先される事も。

純アタッカーと呼べるキャラは限定のみなので、始めたばかりのユーザーは氷アタッカーの入手が困難。
ロサリアやガイアは凸ると強力なアタッカーになれるので、氷アタッカー不足に悩んでいる人は凸を進めたい。

※アーロイは「Horizon」シリーズとのコラボキャラクター。期間限定でメールから入手可能。

メイン聖遺物

氷元素を強化する聖遺物。

氷風を彷徨う勇士
2セット効果:氷元素ダメージ+15%
4セット効果:氷元素の影響を受けている敵を攻撃した場合、会心率+20%。敵が凍結状態の場合、会心率は更に+20%

条件付きだが会心率をなんと合計40%も上げてくれる強力な聖遺物。
会心率を40%まで上げるには水キャラの強力が必要だが、20%だけでも十分強力。元素共鳴も合わせれば更に伸びる。

因みにこの効果によって上がる会心率は、”攻撃した時”なので氷元素の影響を与えたキャラでは無い。《凍結》も同じ。条件が合えばキャラ交代しても会心率は上がる。

特徴と傾向

アタッカー性能に関しては、恐らく最強の元素。
元素反応《融解》や《凍結》が強力で高い火力と拘束力を併せ持ち、パーティ編成によっては安定且つ高水準な戦闘が可能。
氷のメイン聖遺物である『氷風を彷徨う勇士』の存在が大きく、特にディオナと行秋という強力サポーターと編成する事で、元素共鳴も合わせて会心率を55%以上の条件達成が容易で強力なパーティが出来上がる。

元素反応によって並外れた大火力を出していく炎キャラに対して、氷キャラは単体として性能が高めの傾向にあり、元素反応に頼らなくても高水準に戦えたりする。
また『氷風を彷徨う勇士』による期待値が高く、火力も炎キャラに引けを取らない。

雷元素

起こせる元素反応は《過負荷》、《感電》、《超電導》。
元素共鳴は『強権の雷』。上記の元素反応を起こすと雷元素粒子を生成する。

実装済みのキャラクター

アタッカーサポーターサブアタッカー
☆5(恒常)
☆5(限定)
☆4
※役割は無凸前提。筆者の偏見や解釈で割り振ってます。

現在実装されている雷キャラは7人。
テイワットでは近年、雷元素の神の目が発現している人間がいない…という設定のせいか、☆5レアのキャラが僅か2人のみと少ない。

レザーや北斗、リサなど☆4アタッカーが3人もおり武器も優秀なので、お世話になっていた(なっている)無/微課金プレイヤーは多いのではないだろうか。

メイン聖遺物

雷元素を強化する聖遺物。

雷のような怒り
2セット効果:雷元素ダメージ+15%
4セット効果:過負荷、感電、超電導反応によるダメージ+40%。それらの元素反応を起こすと、元素スキルのクールタイム-1秒。0.8秒毎に最大1回のみ発動可能。

『燃え盛る炎の魔女』に似た元素反応を強化する聖遺物。しかし比べるとこちらの効果は控えめ。
4セット効果によるCT減少は、原神の元素反応は基本的に2.5秒に1回起こる仕様なので減少量はそれほどでもない。
そもそもこの効果と噛み合う雷キャラが現状いない。

Ver1.6による元素熟知の上方修正で、4セット効果のダメージ+40%より『大地を流浪する楽団』の2セット効果などで元素熟知を上げた方がダメージが伸びる為、4セット装備させる恩恵が少ない。
雷元素が不遇扱いされる要因の一つ。

特徴と傾向

元素反応が少し特殊で癖が強め。
《過負荷》と《感電》は場所を選ばないと自身がダメージを受けてしまう。
《過負荷》はノックバックの所為で刻晴のようなインファイターと相性が悪く、攻撃を継続しにくい。

以上の事もあって雷元素は、他の元素と比べて不遇さが目立つ。
《過負荷》と《感電》のダメージは固定値となっており、《蒸発》や《融解》のような高いダメージは狙えない。また物理耐性を下げる《超電導》も、聖遺物『翠緑の影』の存在から物理で戦うメリットが薄い。
聖遺物『雷のような怒り』の性能も、雷元素が酷評される理由にもなっている。

しかしこれらの元素反応は敵が使ってくると厄介で、《過負荷》や《感電》でこちらのあらゆる行動が中断されてしまう。
何よりプレイヤーへのストレスの方が大きい…。

【新品】2022年11月末頃入荷次第発送予定 APEX 原神 刻晴 霓裳快雨Ver. 1/7スケール PVC&ABS製 塗装済完成品フィギュア げんしん こくせい オープンワールドゲーム

価格:23,870円
(2021/10/12 10:11時点)

風元素

起こせる元素反応は《拡散》。
元素共鳴は『迅速の風』で、スタミナ消費を15%抑え、移動速度が10%アップ、スキルのCTを-5%する。

実装済みのキャラクター

アタッカーサポーター サブアタッカー
☆5(恒常)
☆5(限定)
☆4
※役割は無凸前提。筆者の偏見や解釈で割り振ってます。

実装されている風キャラは6人。
ウェンティ、万葉、スクロースなど強力なサポーターが揃っている。
魈は現状、風キャラで唯一の純アタッカー。

自身を空へ上昇させるスキルやスタミナ軽減など、探索が楽になりやすい天賦を持つキャラが多く、元素共鳴も合わせれば探索効率が大きく上がる。特に早柚は探索最強キャラ。

全体的に強力なキャラが揃っており、サポーターは汎用性が高く編成しやすい。

メイン聖遺物

風元素を強化する聖遺物。

翠緑の影
2セット効果:風元素ダメージ+15%
4セット効果:拡散反応によるダメージ+60%。拡散された元素タイプを基準に、影響を受けた敵の元素耐性-40%、継続時間10秒。

風の元素反応を起こすとダメージが60%も上昇するばかりか、元素耐性まで下げる非常に強力な聖遺物。Ver1.6による元素熟知強化により《拡散》反応のダメージが更に上昇した。
原神配信当初から存在し今でも最強クラスと名高い聖遺物。

風元素のサポート能力の高さはこの聖遺物の存在が大きい。風キャラの多くは「元素変化」を発生させる事が出来るので、4セット効果を活かしやすい。
あまりにも強力なので、風キャラは全員4セットで装備させても良い。

ただ《拡散》反応が発生しない岩元素は耐性を下げられない点には注意。

特徴と傾向

全体的にサポート性能が極めて高い。

敵を吸い寄せる効果を持つ元素スキルや元素爆発が多く、バトルが有利に運びやすい。
また「元素変化」と呼ばれる風元素から他の元素に変化する独特な効果のある天賦を持つキャラが多く、聖遺物『翠緑の影』と合わせて他の元素をサポートするのが得意。

元素スキルや元素爆発による元素粒子の生成量が多く、元素スキルのCTも短めなキャラが多い。その為元素粒子の回収力はトップクラス。
風キャラはパーティに一人は入れておきたいが、元素共鳴も強力なので二人以上編成するのも良い。共鳴効果だけでなく、二人交互に元素スキルを使っていくと味方全員の元素エネルギーがあっという間に全快する。

ただ岩元素とは相性が悪く、お互い元素反応が発生しない為、「元素変化」や『翠緑の影』の効果を活かせない。

岩元素

起こせる元素反応は《結晶》。
元素共鳴は『不動の岩』で、 シールドが15%強化され、シールド展開中に限り敵に与えるダメージが15%上昇し岩元素耐性を20%下げる。

実装済みのキャラクター

アタッカーサポーターサブアタッカー
☆5(恒常)
☆5(限定)
☆4
※役割は無凸前提。筆者の偏見や解釈で割り振ってます。

実装されているキャラは僅か4人と最少。恒常の☆5岩キャラがおらずアルベドの実装以降、誰一人追加されていない。今後の実装に期待したい。

鍾離は原神最強キャラ。持っていたら元素反応関係無く是非パーティに編成したい。
現在岩の純アタッカーは凝光のみ。ノエルも凸を勧めればアタッカーとして使える。

殆どが「岩元素創造物」と呼ばれる設置系スキルを持っている。
多くは攻撃向きでは無いが、物を置く事で起動するギミックの解除や高所に昇るのに利用したりなど探索に使える。

メイン聖遺物

岩元素を強化する聖遺物。

悠久の磐岩
2セット効果:岩元素ダメージ+15%
4セット効果:結晶反応で形成された欠片を獲得すると、チーム全員の該当元素ダメージ+35%、継続時間10秒。元素ダメージアップは同時に1種類のみ獲得可能。

岩元素の元素反応をフォローするかのような性能を持つ聖遺物。
4セット効果は元素反応を起こせば該当する元素のダメージが上昇する。万葉の固有天賦「風物の詩吟」と似たような効果だが、そもそも岩キャラが少なく使い勝手も悪い。
また岩の法器アタッカーである凝光とは噛み合わない。

他の各元素のメイン聖遺物と比べると最弱の聖遺物。
4セット効果を使うぐらいなら、剣闘士のフィナーレの2セットと合わせたりベネットの元素爆発などを使った方が戦闘効率が良い。

特徴と傾向

岩元素は元素反応による高火力が望めない為、原神配信当初は最弱の元素とされていたが、Ver1.3にて鍾離の上方修正に伴い、元素共鳴も強化された。これにより岩の元素共鳴は非常に強力とされ、アルベドや鍾離と組ませたノエルや凝光のパーティが一世を風靡した。
凝光に続く岩元素の純アタッカーが登場すれば、鍾離と組ませて非常に強力なパーティが作れると期待されている。

岩は《結晶》反応を起こして味方の耐久力を上げる事に特化した元素…というイメージだが、結晶シールドは元素熟知を上げないと頼りにならない。
シールド環境と呼ばれる現在の原神だが、結晶シールドはそれに含まれない。
結晶シールドはVer1.6による元素熟知の上方修正である程度強化された。

現状実装されているキャラが少なく評価が難しい元素だが、鍾離の存在が大きく 岩元素=鍾離 というイメージが拭えない。

まとめ

・炎元素は元素反応が強い
・水元素は元素のばら撒きが得意
・氷元素は攻撃性能が高い
・雷元素は色々不遇
・風元素は元素の強化が得意
・岩元素は鍾離が強い

以上Ver2.1現在の各元素キャラをまとめてみましたが、実装されているキャラに偏りがある為、まだまだはっきりとした特徴を言い表せないのが正直な所です。
今後のキャラ実装に期待したいですね。

miHoyoさん、雷元素もう少しなんとかしてください…。

ぴらるーく カードゲームプレイマット ☆『Fate 水も滴るいいオルタ(ジャンヌオルタ)/illust:necomi』★ 【コミックマーケット96/C96】

価格:4,500円
(2021/10/12 10:19時点)

タイトルとURLをコピーしました