【原神】”普通”の刻晴性能解説【Genshin Impact】

刻晴の基本的な運用方法

基本的な運用

刻晴は大きく別けて以下の2つの運用が基本となる。
どの型にするかでムーブも変わってくる。

物理型

物理ダメージをメインに戦っていく型。
元素スキルなどで《超電導》反応を起こし、敵の物理耐性を下げる。
パーティ編成が楽で立ち回りも単純。無凸の刻晴でも高火力を出しやすい。

暴雷連斬なら通常攻撃が雷ダメージに変化しない

敵に氷元素を付着させた後、元素スキルで雷楔→暴雷連斬に派生させて《超電導》を発生させる。
その後は通常攻撃や重撃ループで大ダメージを狙っていく。
当然だが物理ダメージを伸ばしていくビルドになるので雷ダメージの火力が低い。元素スキルは斬撃に派生してしまわないように注意。元素爆発は敵の攻撃回避に使おう。

雷元素型

雷ダメージや元素反応で戦っていく型。
固有天賦「抵天の雷罰」で、雷ダメージを継続させ元素反応で大ダメージを与えていく。
雷ダメージを伸ばしていくビルドになるので、元素爆発の火力も高い。
刻晴らしい立ち回りをしたいのであればこちら。

元素反応は以下の《感電》や《拡散》、《激化》を狙っていく。《過負荷》ではノックバック効果で敵によっては攻撃が継続しにくくなってしまうので非推奨。

  • 《感電》
    ノックバック効果が無く攻撃を継続しやすい。
    また盾持ちの敵相手でも《感電》ダメージで対処する事もできる。
    《激化》ほどでは無いがダメージも高く、草キャラや翠緑の影4セットが揃うまでの繋ぎに。
  • 《拡散》
    翠緑の影4セットを装備させた風サポーターによるデバフを狙う。
    ビルド次第では他の元素反応より強力。自己バフやデバフを持たない刻晴にとってもっとも火力を出せる。
    ムーブが少し特殊で、元素スキルの雷楔で敵に雷元素を付着させた後、風キャラに交代し元素スキルで《拡散》。刻晴に交代し直し元素スキルで斬撃に派生させ、雷ダメージを継続する。
    簡略すると、刻晴スキル→風スキル→刻晴スキル→刻晴通常攻撃…という流れ。
    雷楔は4.5秒経つと消失してしまうので交代は早めに。
  • 《激化》
    手数の多い刻晴と相性が良く、元素爆発は計5~7回の《超激化》を発生させる事ができる。
    ノックバック効果も無いので安定して攻撃を継続できる。
    ムーブは、敵に草元素を付着させた後元素スキルで雷楔を当てて《原激化》状態にする。その後元素爆発→元素スキル斬撃派生で《超激化》を多く発生させて大ダメージを狙う。あとは通常攻撃(4段)→重撃でヒット数を稼ぎ更に《超激化》を狙う。
    まとめると、草スキル→刻晴スキル→刻晴元素爆発→刻晴スキル→刻晴通常攻撃(4段)→重撃。

パーティ編成次第で《拡散》と《感電》か《激化》を合わせたハイブリット構成にする事も可能。
ムーブも更に変わってくるので刻晴の元素スキルを上手く利用しよう。

基本的な立ち回り

ヒルチャール・暴徒など吹き飛ばない敵には重撃ループを狙っていこう。
重撃ループのやり方は、攻撃ボタン長押し→刻晴が重撃を出したらボタンを離す→再度長押し…を繰り返す。
刻晴が通常攻撃(1段)→重撃→通常攻撃(1段)→重撃…と動けばOK。

刻晴の重撃は後ろに下がってしまうのでループ途中から攻撃が空ぶってしまう。
重撃後はダッシュかジャンプでキャンセル可能なので、敵との距離が離れてしまいそうになったらこれで距離を詰める。スタミナを大量に消費するのでジャンプでキャンセルする方を推奨。
重撃→重撃→(敵に向かって)ジャンプ→重撃…が基本的なムーブとなる

重撃ループはスタミナ消費が激しいので管理はしっかりする事。
また刻晴の重撃ループは《激化》と相性があまり良くないので、《激化》を使って行く運用の場合は非推奨。

パーティの編成例


《超電導》を狙った物理型パーティ。
七七は元素スキルで接近した敵に氷元素を付着出来るので《超電導》を継続しやすい。
ディオナは元素スキルによるシールドとスタミナ軽減で重撃ループを安定させる事ができる。
回復が過剰なので七七かディオナどちらか一人でも良い。いなければガイアでも代用可能。
ロサリアがいれば味方の会心率を上げられる上、6凸していれば敵の物理耐性も下げる事が出来てお勧め。


《激化》と《拡散》を使ったハイブリットな雷元素型パーティ。
《拡散》で雷元素耐性を下げ、《激化》を起こして雷元素ダメージを大きく伸ばす。
基本的なムーブは、忍元素スキル→万葉元素スキル→コレイ元素スキル→刻晴元素スキル。
これにより非常に高い雷元素ダメージを出す事が出来る。
万葉はスクロース、コレイは主人公(草)で代用可能。

【新品】2022年11月末頃入荷次第発送予定 【特典 アクリルスタンド付き】APEX 原神 刻晴 霆霓快雨Ver. 1/7スケール PVC&ABS製 塗装済完成品フィギュア げんしん こくせい オープンワールドゲーム

価格:23,868円
(2022/9/7 21:42時点)
感想(0件)

相性の良いキャラ・装備品

お勧め☆4武器(恒常+紀行武器)

☆5武器や限定武器を除いた比較的入手しやすい武器に絞って記載。

匣中龍吟
サブステータス:攻撃力
効果:
炎元素または雷元素の影響を受けた敵に対するダメージ+20%。
刻晴がPVで手にしている武器。
敵を《激化》させれば雷ダメージを継続させる事ができるので、高い《超激化》ダメージを出せる。雷元素型で運用する場合の選択肢。

斬岩・試作
サブステータス:物理ダメージ
効果:
通常攻撃または重撃が命中すると、攻撃力と防御力+4%、継続時間6秒、最大4重まで。0.3秒毎に1回発動可能。
鍛造武器の一つ。冒険ランクの報酬でも入手可能。
刻晴を物理型で運用する場合の選択肢。

鉄蜂の刺し
サブステータス:元素熟知
効果:
元素ダメージを与えた6秒間、キャラの与えるダメージ+6%、最大2重まで。1秒毎に1回のみ発動する。
鍛造武器の一つ。
刻晴を雷元素型で運用する場合の選択肢。《激化》は元素熟知も重要となる。
刻晴の元素スキルの派生攻撃は、同じ元素スキル扱いとなるので効果を2重まで上げる事が容易。

黒剣
サブステータス:会心率
効果:
通常攻撃と重撃ダメージ+20%さらに通常攻撃と重撃が会心時、攻撃力の60%分のHPを回復する。5秒に1回のみ発動可能。
紀行武器の片手剣。
刻晴は通常攻撃・重撃で戦うことが多く、突破ステータスも会心ダメージなので良く噛み合う。課金が必要になるがもっとも無難な武器。

黒岩の長剣
サブステータス:会心ダメージ
効果:
敵を倒した後、攻撃力+12%、継続時間30秒、最大3重まで、継続時間は加算されず、重ごとに別カウントされる。
ショップ(スターライト交換)で入手できる黒岩シリーズの片手剣。
会心系を伸ばしたい場合の選択肢の一つ。

お勧め聖遺物

お勧めセット

雷のような怒り 4セット
・雷元素ダメージ+15%
過負荷》、《感電》、《超電導》、《超開花》反応によるダメージ+40%、《超激化》反応によるダメージアップ効果+20%。上記元素反応または《原激化》反応を起こすと、元素スキルのクールタイム-1秒。0.8秒毎に最大1回のみ

Ver3.0に伴い草元素に関連する元素反応にも対応するようになった。
刻晴であれば元素爆発で《超激化》を多く発生させる事ができる為、4セット効果を充分に引き出す事が出来る。

雷を鎮める尊者 4セット
・雷元素耐性+40%
・雷元素の影響を受けた敵に対するダメージ+35%

《激化》が実装されるまで最弱だった聖遺物。
敵を《激化》させれば雷ダメージを継続させる事ができる為、実用的になった。
2セット効果は水辺で戦うとき、感電ダメージを軽減してくれる。

金メッキの夢 4セット
元素熟知+80
元素反応を起こした後の8秒間、装備キャラクターは、チーム内自身以外のキャラクターの元素タイプに応じて強化効果を獲得する。チームに装備キャラクターと同じ元素タイプのキャラクターが1名存在する毎に攻撃力+14%、異なる元素タイプのキャラクターが1名存在する毎に元素熟知+50。上記効果は、それぞれ最大でキャラクター3名までカウントされる。この効果は8秒ごとに1回のみ発動可能。装備しているキャラクターが待機している場合にも効果を発動できる。

新実装された聖遺物。
同じ元素キャラが多い程攻撃力が増し、異なる元素キャラが多い程元素熟知が増す。
《激化》は元素熟知が高い程上乗せダメージが高くなるので、《激化》に特化させる場合はこちら。但しパーティ編成には注意。

蒼白の炎 4セット
・物理ダメージ+25%
・元素スキルが敵に命中すると、攻撃力+9%。持続時間7秒、最大2重まで、0.3秒毎に1回のみ発動可能。2重まで重ねると、2セットの効果が2倍になる

物理型にする場合はこちら。
刻晴の元素スキル派生「暴雷連斬」は元素スキル扱いになる為、4セット効果発動が容易。

蒼白の炎2セット + 血染めの騎士道2セット
・物理ダメージ+25%
・物理ダメージ+25%

安定して高い物理ダメージを出したい場合はこちら。

雷のような怒り2セット + 攻撃力+18%系の聖遺物
・雷元素ダメージ+15%
・攻撃力+18%

雷元素ダメージと攻撃力をバランス良く伸ばしたもの。通常攻撃や元素スキル、元素爆発の全てが強化される。
攻撃力+18%系の聖遺物とは「追憶のしめ縄」、「剣闘士のフィナーレ」、「辰砂往生録」、「来歆の余響」の4つ。サブオプションの良いものを選ぶと良い。

お勧めOP

聖遺物のメインOPは以下がお勧め。

時計
攻撃力
元素熟知
物理ダメージ
雷元素ダメージ
会心率
会心ダメージ

雷元素型にする場合、時計は元素熟知にする事も検討しよう。

相性の良いキャラ

ビルドの自由度が高い刻晴は組ませたいキャラが非常に多い。
以下は一例。

ベネット
いつものバッファー。
4凸以下の刻晴は自己バフを持たないので、できれば組ませたいキャラ。
但し《過負荷》には注意。

夜蘭 行秋
いつものサブアタッカー。《感電》反応を狙っていける。
行秋なら敵の攻撃を軽減してくれるほか、近づくだけで水元素を付着させる事ができるので《感電》を継続しやすい。

七七 ディオナ
《超電導》要員且つヒーラー。
二人とも氷付着の継続性に優れている。
ディオナの固有天賦で重撃ループのスタミナ消費を軽減してくれる。

ロサリア ガイア
《超電導》要員。サブアタッカーとして使う事も可能。
ロサリアは会心率を味方に配る事が可能で、6凸すれば敵の物理耐性を下げる事もできて強力。

九条裟羅
雷のバッファー。
たった6秒間だけだが、元素スキルと元素爆発どちらでも味方にバフを掛ける事ができる
6凸できれば雷元素ダメージの会心ダメージが+60%もされて強力。

楓原万葉 スクロース
いつもの風サポーター。
聖遺物「翠緑の影」4セットを装備させたデバフが強力。雷元素型なら組ませたい。

鍾離
いつものシールダー。
非常に硬いシールドで安定した戦闘が可能。
また敵の物理と全元素耐性を下げる事ができるので、どのビルドでも組ませる事ができる。

主人公(草) コレイ
《激化》要員。草のサブアタッカー。
新実装された《激化》は刻晴と相性が良いので、雷元素型なら組ませたい。

原神 げんしん 「原神 刻晴 コレクション フィギュア」 刻晴 原神 グッズ マスコット キャラクター 原神 ぬいぐるみ クリスマス プレゼント コスプレグッズ インテリア 置物 ちびぐるみ コスプレグッズ プレゼント 飾り 贈り物 おしゃれ 送料無料

価格:5,980円
(2022/9/7 21:42時点)
感想(0件)

まとめ

個人的な評価

筆者は刻晴が使いたくて原神を始めて、Ver1.3のピックアップガチャでようやく引けました。当時から評価は高くありませんでしたが、Ver1.6まで使い続けた思い入れのあるキャラクターです。

今回のVerによる《激化》追加で雷キャラ全体(レザー以外)が再評価される事になりましたが、個人的には刻晴はようやくスタートラインに立てる状態になった程度かと思います。
《激化》反応を使ってもまだまだ火力不足で、ベネットやスクロース、楓原万葉のサポートは欲しいです。
とは言え、筆者はスメール探索で刻晴をよく使っています。スメールでは炎より雷元素を使う場面が多く探索性能にも優れている彼女は非常に便利です。
刻晴を持っている人は同じくスメール探索に使ってみてはどうでしょう?

刻晴はアタリ?

まだ始めたばかりの初心者や☆5キャラが少ないプレイヤーは育てる価値はあるキャラクターかと思います。刻晴は攻撃だけでなく探索にも優れているので、幅広く活躍してくれます。
ただ、刻晴は器用貧乏な点が目立つので最新のアタッカーを手に入れると、その火力の低さから使用率が下がってしまうかもしれません。
しかし今は《激化》反応の実装で将来性も見えてきたので、まだまだ再評価される可能性を秘めています。気になる人は取り合えず育ててみては如何でしょうか。

タイトルとURLをコピーしました