【原神】”普通”のナヒーダ性能解説【Genshin Impact】

ついにクラクサナリデビことナヒーダが実装されました。
その性能はまさに草神の名に相応しく、草元素を軸に戦うパーティであれば何であれ編成するべき強力なキャラクターとなっています。
今回はそのナヒーダについての性能解説です。ガチャまたはナヒーダ運用の参考になればと思います。

閲覧上の注意

今回解説するナヒーダは以下を前提としています。

・星の星座は未解放(無凸)
・キャラレベルは80
・装備する武器は☆4
・通常攻撃・元素スキル・元素爆発の天賦レベルは6
・聖遺物厳選はメインOPで妥協
・ソロプレイを想定
・心境螺旋は知らない
・使用プラットフォームはPS4
・Ver3.2時点での評価

初心者または無/微課金プレイヤー向けの解説記事になります。予めご承知おきください。
本記事は筆者の個人的な評価や解説となります。あくまでも参考程度に閲覧してもらえればと思います。
※ふりがなは適当です。
間違いなどありましたらご指摘いただけると幸いです。

ナヒーダの基本性能

レアリティ☆☆☆☆☆(限定)
名前ナヒーダ
神の目
武器法器
基礎HP(Lv90)10,360
基礎攻撃力(Lv90)299
基礎防御力(Lv90)630
Lv突破ステータス元素熟知

ナヒーダはVer3.2より実装された限定☆5キャラクター。
攻撃力は神里綾人と同値で☆5キャラの中では中間クラス。HPや防御力は☆5最低クラス。ステータスは全体的に低いキャラとなっています。
Lv突破ステータスは元素熟知ですが、ナヒーダは天賦の特性上元素熟知が高いほど恩恵が大きい。

ナヒーダはこんなキャラ
特徴

・草元素付着の継続性能が高い
・味方に元素熟知バフを掛けられる
・元素熟知が高いほど会心率が上がる(最大24%)

・耐久力は最低クラス

ナヒーダは草元素の法器キャラ。
元素スキルによる草の元素付着が非常に優秀で、一度に複数の敵に草を付着させ継続性能も高い。
よって強力な《激化》や《開花》、《超開花》を連発しやすく、更に味方に元素熟知も配れるので与えるダメージも高い。
メインアタッカー、サブアタッカー、サポーターと役割が多くパーティ編成の幅も広い。草の元素反応を軸にするパーティなら絶対に編成したいまさに草の神に相応しいキャラクター。

通常攻撃「行相」

全4段の連続攻撃。地面から衝撃波を出して攻撃する。
衝撃波は地を沿うように走っていくので地形に影響されやすい。攻撃は敵やオブジェクトを貫通するが、上への判定は薄い。
ダメージ倍率は法器キャラとしては少し高い程度。元素付着に使うのが主。

重撃

敵を四角い空間で覆い攻撃する範囲ダメージ。
敵をサーチするので命中率が高い。範囲も広く上にも高い判定がある。
元素付着CTが0なので確実に元素を付着させる事ができる。
発生保障があり、攻撃判定が出る前にジャンプなどで行動をキャンセルしても攻撃は発生する。

元素スキル「諸聞遍計しょぶんへんげ

敵に草ダメージを与えると同時に「蘊種印うんしゅいん」を付与する。
ダメージがシールドや盾などで防がれても攻撃が当たれば蘊種印を付与可能。
蘊種印を付与された敵同士はお互いリンクし合う。これを付与された敵に元素反応が起きると「滅浄三業」が発動する。
元素粒子は滅浄三業が発動した時に3つ7秒間隔で生成される。

蘊種印が付与された敵はマーキングされる
敵同士リンクする

短押しと長押しがあり挙動とCTが異なる。

短押し

自身を中心に周囲に草元素範囲ダメージを与え、攻撃の当たった敵に「蘊種印」を付与する。
CTは5秒。

範囲は見た目以上に広く発生も速い。敵が近い場合はこちらを使おう。

長押し

少し浮いて手カメラの構えをとり照準モードに入る。
ファインダーに捉えた敵を選定し長押しを解除すると、選定された敵に草元素ダメージを与え「蘊種印」を付与する。選定できる数は最大8体まで。壁などに隠れた敵も選定する事が出来る。
CTは6秒。照準モードは5秒経過で強制解除される。

長押し中は無防備だが中断耐性が大きく上がるので妨害されにくい。とは言えナヒーダは耐久力が低いのでなるべく敵から離れた位置で使いたい。

滅浄三業めつじょうさんごう

「蘊種印」が付与された敵に元素反応が発生すると滅浄三業が発動し、リンクされている敵全てに草元素の追撃ダメージを与える。
ダメージはナヒーダの攻撃力と元素熟知の両方に依存する。

元素反応が1人でも発生すれば、リンクされている敵全てに追撃ダメージが入る。
《開花》反応の場合、追撃ダメージは”草原核が発生した時”と”草原核のダメージ命中した時”となる。
蘊種印は25秒経過するか、敵が倒れた時に消滅する。
追撃ダメージの発動間隔は2.5秒だが元素爆発効果で短縮可能。このダメージは元素付着CTが0なので高頻度で元素反応を発生させる事ができる。

元素爆発「心景幻成しんけいげんせい

自身を中心に「摩耶まやの宮殿」エリアを生成する。
必要元素エネルギーは50。継続時間15秒。CTは13.5秒。

摩耶の宮殿エリア内にいるとナヒーダは以下の影響を受ける。

・パーティ内に炎元素キャラがいる場合、「滅浄三業」ダメージがアップ
・パーティ内に雷元素キャラがいる場合、「滅浄三業」発動間隔が短くなる
・パーティ内に水元素キャラがいる場合、元素爆発継続時間がアップ

・上記の同じ元素キャラが2人以上パーティにいる場合、対応する効果が更にアップ

これらはナヒーダが待機中でも効果を得られる。
”同じ元素キャラ2人以上編成で効果アップ”は2人以上なので3人、4人で効果が更にアップするような事は無い。

エリア範囲が非常に広く秘境や心境螺旋のステージを丸ごと収められるほど。
CTより継続時間が長いのでエネルギー回復が間に合えば常時展開し続けることが可能。

元素爆発自体にはダメージも元素付着も無い。効果も炎/雷/水キャラがパーティにいないと意味が無い。水キャラだけ入れても継続時間が延長されるだけ。
使いづらいように見えるが単純に元素スキルが強化されるので強力。固有天賦「浄善摂受明論」が解放されていると出場している味方に元素熟知バフを与えられるようになる。

固有天賦

浄善摂受明論じょうぜんしょうじゅめいろん

元素爆発のエリア内にいると以下の効果を得る。
パーティ内にいる元素熟知の最も高いキャラクターを参照し、その元素熟知の25%を基にエリア内にキャラの元素熟知をアップする。最大250まで。

元素熟知を1000以上にする事で最大の効果を得られる。また参照されたキャラ自身にもバフ効果が乗る。
この効果は発動した時点での元素熟知が参照される。元素爆発後に熟知が変動しても効果は変わらない。熟知バフは出場したキャラのみが得られるので留意しておこう。

慧明縁覚智論けいめいえんがくちろん

ナヒーダの元素熟知が200を超えている時、その200を超えた分の元素熟知の数値1につき、元素スキルの「滅浄三業」によるダメージ+0.1%、会心率+0.03%。
この方法でアップできる滅浄三業ダメージは最大80%、会心率は最大24%まで。

ナヒーダの火力を支える強力な天賦。会心率も同時に上げる事ができ元素熟知を上げる恩恵が大きい。
元素熟知1000以上で最大の効果を得られる。一応800まで上げれば上記の固有天賦「浄善摂受明論」で1000に出来るが、その場合ナヒーダを出場させる必要がある。

諸相隨念浄行しょそうずいねんじょうぎょう

元素スキル(長押し)で特定の採取物をファインダーで捉えると、それを獲得する事が出来る。
特定の採取物とはスイートフラワーやオニカブトムシなど”動いていないもの”。
イノシシや晶蝶など動いているものは採取不可。また蒲公英の種や鉱石など採取にアクションが必要なものも不可。

採取物を遠隔で獲得する事ができる

またスメールにいる特定のNPCをファインダーで捉えると、心の声が聞ける(ボイス付き)。

【全部揃ってます!!】原神 神の目カプセルストラップ vol.3 稲妻シリーズ [全6種セット(フルコンプ)]【ネコポス配送対応】【C】

価格:1,980円
(2022/11/6 16:12時点)

ナヒーダの長所と短所

長所

元素スキル、元素爆発が軽い

元素スキルのCTが僅か5~6秒と短く効果時間が25秒と長い。
元素爆発も必要元素エネルギーが50、CTが13.5秒と軽い。
元素スキル、元素爆発とも回転率が良く安定した運用が可能。

草の元素付着が優秀

元素スキルが非常に強力。
元素反応が起きる度に追撃ダメージが発生し草元素が再付着される(元素付着CT0)ので、継続的に元素反応を起こしやすい。しかも継続時間が25秒と長い。

リンク範囲がかなり広い

近くの敵同士リンクし合い同時に「滅浄三業」ダメージを与えるので、攻撃範囲も広い。
元素反応の安定性は原神トップクラス。

できる事が多い

役割が豊富で、継続的な草元素付着役としてのメインアタッカー、元素スキルを使ったサブアタッカー、元素熟知バフ役としてのサポーター、探索における素材採取などできる事が多い。
これらを同時に行う事ができるので、草の元素反応を軸にするならどんなパーティにも入る。

短所

元素反応が前提

ナヒーダのメインとも言える元素スキルは元素反応が発生する事で発動する効果。
元素反応が前提となっており、それが発生しなければ何の意味もない。
草の元素反応は炎、雷、水でしか元素反応が起きない為、編成には注意(一応草以外でも効果が発動するが工夫が必要)。

蘊種印に感染効果が無い

元素スキルで付与する蘊種印には、タルタリヤの「断流」や宵宮の「琉金の炎」のような”敵を倒すと他の敵に効果が移る”いわゆる感染効果が無い。
よって新しい敵が出る度、ナヒーダに交代し直して再度元素スキルを使って行く必要があるので、セノなど時限アタッカーを使う場合は注意。

耐久力が低い

基礎HP、基礎防御力は下から数えた方が早い最低クラス。
ナヒーダは草元素付着など出場する場面が多く、気づいたら致命傷を受けていたという事も珍しくない。
特に元素スキル(長押し)中は無防備なので、よく考えて立ち回ろう。

バンダイ (BANDAI) SPY×FAMILY メタルカードコレクション パックver.(BOX)

価格:5,179円
(2022/11/6 16:14時点)

タイトルとURLをコピーしました