【原神】”普通”の雷電将軍性能解説(Ver2.6)【Genshin Impact】

雷電将軍は原神最強キャラの一人として君臨しており、味方のサポートだけでなくアタッカーとしても活躍できる強力なキャラクターです。
元素爆発の元素エネルギーが重く回転率の低いキャラクターでも、元素爆発が大分撃ちやすくなります。

雷電将軍復刻時、彼女の性能解説記事(最新版)を作っていなかったので、改めて作成しました(前回の記事を見返してみると間違えている箇所もいくつかありました…)。次のピックアップは大分先になるかと思いますが、雷電将軍を引く予定の人、育てている人は参考にしてみてください。

閲覧上の注意

この記事で紹介する雷電将軍は以下の基準での解説となります。

・星の星座は未解放(無凸)
・キャラレベルは80
・装備する武器は☆4でレベルは80
・通常攻撃・元素スキル・元素爆発の天賦レベルは6
・聖遺物厳選はメインOPで妥協
・ソロプレイを想定
・心境螺旋は知らない
・使用プラットフォームはPS4
・Ver2.6での評価

初心者または無/微課金プレイヤー向けの解説記事になります。予めご承知おきください。
本記事は筆者の個人的な評価や解説となります。あくまでも参考程度に閲覧していただけると幸いです。

雷電将軍の基本性能

レアリティ☆☆☆☆☆(限定)
名前雷電将軍
神の目
武器長柄武器
基礎HP(Lv90)12,907
基礎攻撃力(Lv90)337
基礎防御力(Lv90)789
Lv突破ステータス元素チャージ効率

稲妻の神「雷神バアル」こと雷電将軍。
基礎攻撃力は全キャラ4位と高めで、それ以外は標準的なステータスとなっています。
Lv突破ステータスが、☆5キャラにしては珍しく元素チャージ効率となっていますが、雷電将軍は元素チャージ効率が高いほど元素爆発の性能が上がる固有天賦があり、また元素爆発の回転が重要となっている為、よく噛み合っています。

雷電将軍はこんなキャラ
忙しい人向けまとめ

・味方が敵にダメージを与えると雷元素の追撃ダメージが発生する
・味方はそれぞれ自身の元素エネルギーを基準に元素爆発ダメージがアップする
・味方が元素爆発を使う度、雷電将軍の元素爆発ダメージが上がる

・雷電将軍が元素爆発状態で攻撃すると、味方全体の元素エネルギーが回復する

雷電将軍の性能を一言で言うと”高出力バッテリー”。
元素スキルで味方の元素爆発の火力が上がる→味方が元素爆発を撃つ→雷電将軍の元素爆発火力が上がる→元素爆発で殴ると味方全体の元素エネルギーが回復する→味方が再度元素爆発が撃つ→雷電将軍の元素爆発火力が…を繰り返す事で味方全体の元素爆発を高速回転させる事が可能。
まさに”永遠の神”にふさわしい性能で、雷電将軍がいれば元素エネルギーの重さはデメリットになり得ません。

通常攻撃「源流」

5段の連続攻撃。
リーチはそこそこ長めで癖も無く使いやすい。初段は上のリーチが特に長くフライムなど高い位置にいる敵に当てやすい。
重撃はその場で敵を斬り上げる攻撃。ノックバック効果があり通常攻撃初段以上に上への攻撃範囲が広い。ループも可能。

全体的に攻撃事態優秀だがダメージ倍率が低い。こちらの通常攻撃を使う事はほとんど無い為、あまり気にする必要は無い。

元素スキル「神変・悪曜開眼あくようかいがん

前方の敵に雷元素の範囲ダメージを与えると共に、頭上に「雷罰悪曜の眼らいばつあくようのまなこ」が出現する。
CTは10秒、継続時間25秒。
雷罰悪曜の眼はキャラが交代しても残り続け、出場しているキャラに以下の効果を与える。

・敵にダメージを与えると、雷元素の追加ダメージが発生する(0.9秒に1回)
・自身の元素爆発の必要元素エネルギーが高いほど元素爆発ダメージの威力が上がる

効果中は頭上に眼のようなエフェクトが表示される

元素スキルの追撃ダメージは、ダメージであれば元素スキルでも元素爆発でも何でも発生するが、盾やシールドなどダメージを与えられないものには発生しない。もちろんダメージが「無効」にされた場合も発生しない。
効果範囲が非常に広く、継続時間も25秒間でCTが10秒なので効果を維持できる。追撃ダメージ自体は低めだが、元素反応を継続して発生させる事が出来る。

追撃ダメージは狭いが範囲ダメージとなっている

元素スキル効果中、出場しているキャラが元素爆発を発動させた時、そのキャラの元素エネルギーを基準にダメージがアップ。
以下はその基準(元素スキルの天賦Lv6の場合)。

・元素エネルギー40:10.8%
・元素エネルギー60:16.2%
・元素エネルギー70:18.9%
・元素エネルギー80:21.6%
・元素エネルギー90:24.3%

元素エネルギーが多いキャラほど倍率が高くなる。
この効果は雷電将軍自身にも適応されるので、元素スキルを使ってから元素爆発を使うように心がけたい。

元素爆発「奥義・夢想真説」

発動すると「諸願百目の輪」に溜まった”願力”を全て消費し、前方に雷元素の範囲ダメージを与える。
その後、雷電将軍は「夢想の一心」状態となる。
必要元素エネルギーは90,CTは18秒、継続時間は7秒。

必要元素エネルギーが全キャラトップの重さだが、雷電将軍は元素チャージ効率を大量に盛ったビルドが基本となるのであまり気にならない。

夢想の一心

7秒間だけ通常攻撃と重撃、落下攻撃モーションが大きく変化する。
この状態の雷電将軍は以下の特性を得る。

・通常攻撃と重撃、落下攻撃が雷元素ダメージへ変化する
・元素爆発発動時に消費した”願力”の数だけダメージがアップする
・この状態の通常攻撃は、通常状態の通常攻撃と同じ扱い

・この状態の通常攻撃と重撃、落下攻撃は、他の元素へ変化しない
・この状態の通常攻撃と重撃、落下攻撃ダメージは元素爆発ダメージとなる
・攻撃が敵に命中すると、味方全員の元素エネルギーが回復する
・中断耐性が上昇する
・《感電》ダメージを受けなくなる
・交代すると解除される

この状態の攻撃はどれも範囲が広く敵をまとめて攻撃できる。重撃は威力が高く範囲も通常より更に広い。消費した”願力”の量だけ火力が更に上がる。攻撃そのものは通常攻撃と同じ扱いなので、行秋の元素爆発による「雨すだれの剣」の追撃は発生する。
ダメージについては元素爆発扱い。聖遺物「旧貴族のしつけ」などによる元素爆発ダメージアップの効果が適応される。よって通常攻撃の天賦Lvを上げてもダメージは上がらない。
元素エネルギーの回復は1秒に1回最大5回まで。継続時間いっぱいまで殴り続けたい。
但し、盾などでダメージを防がれた場合は回復しないので注意。

”願力”については以下を参照。

諸願百目しょがんひゃくもくの輪

雷電将軍をパーティに編成した状態で味方が元素粒子またはオーブを獲得、雷電将軍以外が元素爆発を発動すると、出場キャラの背後に「諸願百目の輪」が表示される。

雷電将軍以外の味方が元素爆発を発動すると、使用者の元素爆発の元素エネルギー量に応じて”願力”が諸願百目の輪に溜まる。
雷電将軍が元素爆発を発動すると諸願百目の輪に溜まった願力を全て消費し、その量に応じて元素爆発の初撃と夢想の一心状態の攻撃威力が上がる。
溜まる願力は最大60層まで。固有天賦「千万の願望」が開放されていると元素粒子・オーブ獲得でも願力を貯められるようになる(3秒に1回)。

味方が使用した元素爆発の元素エネルギーが多いほど溜まる願力も増える。
以下は願力の蓄積量(元素スキルの天賦Lv6の場合)。

・元素粒子、オーブの獲得:願力+2
・元素エネルギー40の元素爆発:願力+7.2
・元素エネルギー60の元素爆発:願力+10.8
・元素エネルギー70の元素爆発:願力+12.6
・元素エネルギー80の元素爆発:願力+14.4
・元素エネルギー90の元素爆発:願力+16.2

願力を最大まで溜めた時の、雷電将軍の元素爆発初撃ダメージはかなりのもので、天賦レベル1の次点で倍率600%を超える。

溜まった願力は、戦闘状態が解除されてから300秒後にクリアされる。
また諸願百目の輪はフィールドが切り替わるとリセットされてしまうので秘境などへ持ち越しは出来ないので注意。

固有天賦

千万の願望

味方が元素オーブや元素粒子を獲得すると、諸願百目の輪に願力を2層蓄積する。
この効果は3秒に1回のみ。

願力がより溜まりやすくなる。
雷電将軍自身は元素粒子回収能力が乏しいので、粒子生成は他キャラに任せよう。
雷の元素共鳴で粒子をより獲得しやすくなる。

殊勝な御体

元素チャージ効率が100%を超えていると、元素爆発の「夢想の一心」が以下のように強化される。

・超過した元素チャージ効率1%につき、元素エネルギーの回復量が+0.6%
・超過した元素チャージ効率1%につき、雷元素ダメージが+0.4%。

雷電将軍がLv90で元素チャージ効率が132%なので、この時点で元素エネルギー回復量が+19.2%、雷元素ダメージが+12.8%となる。

元素チャージ効率と火力を両立できるので優先的に上げていきたい。
単純に火力を求めるのであれば、攻撃力を優先して上げた方が火力は伸びる。

天下名物狩り

片手剣と長柄武器を突破する際に消費するモラが-50%される。
パーティに編成しなくとも雷電将軍を持ってさえいれば良い。

雷電将軍を入手していれば、右上にアイコンが表示される

武器突破に使われるモラの消費量は馬鹿にならないので、大変ありがたい天賦。

ガールズ&パンツァー 最終章 第3話《特装限定版》 (初回限定) 【Blu-ray】

価格:6,864円
(2022/5/15 17:47時点)

雷電将軍の長所と短所

長所

雷元素の元素反応を起こしやすい

元素スキル発動後25秒間、敵にダメージを与えると雷元素の追撃ダメージが発生するようになるので、元素反応を継続して発生させやすい。
しかもCTが10秒なので途切れる事無く効果を続ける事が出来る。

法器キャラなら適当に攻撃するだけで元素反応が起こる

ただ追撃ダメージの倍率はかなり低く、火力を求めるなら主人公(雷)やフィッシュルの方が高い。

味方の元素爆発の回転率が上がる

雷電将軍がいれば味方の元素爆発の火力が上がるばかりか回転率まで上がる。
必要元素エネルギーが重いほど強力になるので、元素エネルギーの重さはデメリットではなくメリットとなる。

重い元素爆発でも出し惜しみせずに使っていけるので、元素爆発発動時の無敵も利用しやすくなる。
うまく利用できれば、火力だけでなくパーティの耐久力も上がる。
しかしCTだけはそのままなので、そこだけは注意する事。

元素エネルギーが溜まりにくいキャラが使いやすくなる

必要元素エネルギーが重い、元素粒子の回収能力が低いなど、元素爆発が撃ちにくいキャラでも雷電将軍のおかげで大分使いやすくなる。香菱やエウルアは良い例。
雷電将軍の存在で元素エネルギーの重さはデメリットになり得ない。寧ろメリットなので元素エネルギーが重いキャラは評価の一つとなる。

短所

味方に依存する

雷電将軍は味方をサポートすると同時に自身を強化していくキャラ。
味方が元素爆発を撃つほど強くなっていくので、味方との連携が重要となってくる。

その為、パーティは雷電将軍の特性に合わせた編成が出来ないとその真価を発揮しにくい。
立ち回りもある程度は考えて運用する必要があるので、玄人向けのキャラクターと言える。

他の元素反応の妨げになる

雷電将軍の元素スキル効果で雷の元素反応を手軽に起こせるが、逆に雷以外の元素反応が発生しにくくなってしまう。

元素スキル発動中は他の元素反応は狙いにくい

雷電将軍の強力な元素爆発サポートで、タルタリヤや胡桃など元素爆発で《蒸発》や《溶解》による大火力を狙いたい…と考えてしまう所だがやはり難しい。
《過負荷》、《超電導》、《感電》、《拡散》以外の元素反応をメインとするキャラと編成する場合は注意。

スペックの低いプラットフォームでは厳しい

雷電将軍を活かした編成では、キャラを交代しながら元素爆発をどんどん撃っていく事になる。
よって的確にキャラ交代する事が重要となるが、スペックの低いプラットフォームではキャラ交代にラグが発生してしまう。
交代しても暫くキャラが動かなかったり、そもそもキャラ交代ができなかったり…。
派手な元素爆発ほどその傾向が強く、プラットフォームがその負荷に耐え切れず操作が不安定になりやすい。

雷電将軍の元素爆発も派手過ぎて負荷が大きい…


せっかく強力な編成を組んでも、スペックの低いプラットフォームでは雷電将軍の性能を活かしきれない。
PC版を利用しているのであれば、設定を細かく変更できるので調整すると良い。

初心者には育成が難しい

原神では毎度のことだが、キャラ育成はそのキャラの出身地にある素材が必要になる傾向にあり、これは雷電将軍も当てはまる。現状、素材入手にはその地でしか手に入らない。
雷電将軍の出身地である稲妻に行くには、ストーリー第二章 第一幕(冒険ランク30)まで進める必要がある。

るかっぷ 呪術廻戦 五条悟 完成品フィギュア[メガハウス]《発売済・在庫品》

価格:3,920円
(2022/5/15 17:52時点)

タイトルとURLをコピーしました