【原神】トップアタッカー3選(Ver1.6)【Genshin Impact】

胡桃

炎元素の長柄キャラ。

元素スキルで、HPを消費して自身を強化するアタッカー。
魈と同じ自傷アタッカーですがデメリットを補う天賦をいくつも所持しており、使いやすい性能となっています。

胡桃の特徴

自身を強化する元素スキル

胡桃は元素スキル「蝶導来世」で残りHPの30%を消費し、自身を強化します。
この強化には以下の効果があります。

・HP最大値を基準に攻撃力が上昇する
・全ての攻撃が炎元素ダメージになる
・重撃が強化される
・中断耐性が上昇する

この効果は9秒継続し、HP消費で0になる事はありません。
攻撃力の上昇量はHPに依存しますが、胡桃の基礎HPはかなり高いので攻撃力も大きく上昇します。
重撃は敵に「血梅香」というスリップダメージを与える効果を付与出来るようになり、硬直が減少し発生も速くなります。これによる重撃を絡めた通常攻撃とのコンボが強力です。

これらの効果はキャラ交代すると解除されます。

単発攻撃型の元素爆発

胡桃の周囲に炎元素ダメージを与える元素爆発。
攻撃を当てた敵の数に応じてHPが回復します。胡桃のHPが半分以下であれば与ダメージと回復量が増加します。
これにより元素スキルで消費したHPを回復させる事が可能です。

シンプルで使いやすく、必要元素エネルギーも60と高くも低くもない数値です。
単発攻撃なので《蒸発》、《融解》と相性が良く、加えて胡桃の固有天賦と合わせれば高いダメージが期待できます。

胡桃の長所

強力な元素スキル

元素スキルによる攻撃力は胡桃のHPの高い程、効果が大きくなります。胡桃の基礎HPは全キャラトップの高さなのでその時の攻撃力は軽く3000を超えます。
更にこの状態になると重撃が強化され通常攻撃と絡めて使う事で、「血梅香」の効果も合わせて高いDPSを発揮します。

元素スキル発動前
元素スキル発動後

CTは16秒ですが、スキル発動時からカウントされるので実質7秒となります。その間はシールドや回復などサポートに徹すればいいのでそれ程気になる長さではありません。

元素スキル中は、攻撃が全て炎元素ダメージになるので、《蒸発》、《融解》による元素反応が非常に強力です。行秋や甘雨などの元素爆発と組み合わせると元素反応を継続的に発生させられるので、火力が劇的に上昇します。

高いHPと防御力

胡桃の基礎HPは全キャラトップの高さとなっており、元素スキルの恩恵を大きく受けます。
加えて基礎防御力も全キャラ2位の高さなので、HP消費というデメリットがありながら実は打たれ強いキャラです。

そのHPの高さから元素スキルを1、2回使用した程度では大して問題になりません。

自己完結した性能

胡桃の元素爆発は、当たった敵の数だけ回復する効果があり、更にHPが半分以下になると回復量が上昇します。一体当たるだけでもそれなりに回復するので、元素スキルで消費したHPを補う事が出来ます。

また胡桃にはHPが半分以下になると、攻撃力が更に上昇する固有天賦を持っています。炎元素ダメージが33%も上昇するので、気兼ねなく元素スキルを使っていけます。

胡桃は元素スキルが切れると戦力が大幅に低下するので、CTが完了するまでキャラ交代せざるを得ません。しかし固有天賦「蝶隠の時」で、交代すると自身以外のパーティ全員に会心率+12%させる事が出来るので、代わりに戦うアタッカーをサポートしてくれます。

胡桃の短所

元素スキルに極めて依存する

胡桃の基礎攻撃力は、レベル90で106というとんでもなく低い数値となっています。その低さはぶっちぎりの全キャラワースト一位。
元素スキル未使用の胡桃は、決してそのまま戦えるキャラではありません。

元素器スキル使用時のダメージ
元素スキル未使用のダメージ

胡桃は元素スキル前提で戦う事になるので、秘境の地脈異常などで元素スキルのCTが延長されたり、炎元素を制限されたりすると、戦力が大きく落ちてしまいます。

サポートが重要

胡桃は単体としての評価はそこまで高くありません。
炎による元素反応の強さとそれを活かせるサポーターの存在があって、初めてトップアタッカーとなるキャラです。

行秋との相性は抜群

HP消費というリスクと効果時間9秒の間に大量のダメージを稼ぐ活躍が出来なければ、他のアタッカーを使った方が良いです。
その為、胡桃を使うのであればサポーターをそれなりに充実させる必要があります。

補足

胡桃が高い評価を受けている理由として、以下の要素も含まれます。

鍾離の存在

胡桃の評価が高い理由の一つに、鍾離の存在があります。

胡桃の攻撃力を上げる為にHPを半分以下に維持しているプレイヤーは多く、その為にはシールドは欠かせません。そのシールド役の筆頭となるのが鍾離です。
鍾離のシールドはとにかく強力で、彼がいれば例え瀕死状態にまでHPを消費しても沈む事は殆どありません。また彼のシールドには周囲の敵に全ての耐性を20%下げる効果もあります。

ここに聖遺物「逆飛びの流星」4セット効果を加えると、殆どリスク無く非常に高い攻撃力を維持できる胡桃が完成します。

護摩の杖

限定☆5武器である護摩の杖の存在も、胡桃が高い評価を得ている理由の一つです。

護摩の杖はステータスに会心ダメージがあり、☆5武器の中でも特に評価の高い武器です。
胡桃のモチーフ武器だけあって何から何まで相性が良く、彼女の評価はこの武器前提で語られる事が多いです。

鍾離とも相性が良い

胡桃を運用しているなら是非欲しい武器ですが、武器ガチャは”闇”なので、回すのであれば相応の覚悟が必要です。

総評

強い+カワイイ+ハイソックス=最強

魈と同様にHPを消費して爆発力を得るキャラとなっている胡桃ですが、魈以上にHP消費のスキルに大きく依存します。
その分、デメリットを補う天賦を数多く所有しており、使いやすい性能となっています。

爆発力は魈より劣るものの、高い攻撃力と炎元素という強みで肩を並べる強さを持ちます。
しかし逆に言ってしまうと、サポートが充実していなければリスクに見合った活躍がしにくいキャラです。

もし胡桃がピックアップされたら、ガチャを回す前に自身の手持ちキャラと相談しましょう。


甘雨

氷元素の弓キャラ。

甘雨は弓キャラとは思えない凄まじい火力と、継続性・汎用性・回転力ともに優秀な元素爆発を持つ、何をやらせても強い超万能アタッカーです。

甘雨は狙い撃ちによるチャージが2段階まで可能で、その火力が凄まじく、元素反応無しで2万前後のダメージを軽く叩き出します。
それを☆4武器、適当聖遺物、無凸、バフ・デバフ無し、デメリット無しで、誰でも簡単に出来てしまうとんでもないキャラクターです。

上の二人と違いデメリットも消費も無く彼らと同等以上の火力が出せる、まさに原神のぶっ壊れキャラです。

甘雨は以前の記事で解説しているので、参考にしてみてください。

まとめ

以上の3人を超簡単にまとめると以下の通りです。

・魈は、ハイリスクハイリターンの自傷アタッカー。要介護。
・胡桃は、リスクよりリターンが大きめの自傷アタッカー。
・甘雨は、何もかも強いぶっ壊れアタッカー。

復刻ピックアップされた時の優先度をつけるとしたら、甘雨 > 胡桃 > 魈 といった所でしょうか。
魈と胡桃は、サポーターが重要なので手持ちのキャラや好みで決めると良いと思います。
甘雨は何をさせても強い、原神を代表するぶっ壊れキャラなので、優先度は高いと考えます。

彼らはどれも限定キャラなので、復刻されたらガチャを回すか検討してみては如何でしょうか。

タイトルとURLをコピーしました