【原神】苦戦している人必須!シールドの重要性【Genshin Impact】

原神は四方八方から攻撃が飛んで来たり、回避の難しい攻撃が多かったりと、被弾は避けられないゲームです。対策無しでは難易度が高く、人によっては原神が苦手になってしまう事も…。
これを解決してくれるのが”シールド”です。

一部のキャラにはシールドを張って味方をサポートするスキルを持っています。これはダメージを軽減し中断耐性も上がるので、味方の生存率を大幅に上げてくれます。
これが有ると、プレイの難易度と快適さが大きく変わってきます。

今回はシールドについての基本やお勧めキャラをまとめてみました。

閲覧上の注意

原神は厳選などのやり込みや課金(凸数)によってキャラの強さが大きく変わる為、人によって評価も違ってきます。

私の記事では、以下のプレイスタイルによる評価である事に留意してください。

・☆5キャラは無凸で妥協
・武器ガチャは引かない(☆5武器は基本持っていない)
・聖遺物の厳選はメインOPで妥協
・キャラレベル、武器レベルは80程度
・使用プラットフォームはPS4

言わば”普通”のプレイスタイルです。

キャラ解説には私が未所持のキャラ、育てていないキャラも含まれているので、あくまでも参考程度に記事を閲覧していただけると幸いです。

シールドの基礎知識

シールドの特徴

シールドは出場しているキャラに代わってダメージを吸収してくれます。
ダメージを負うのはシールドなので、ノックバックやヒットストップも発生しません。
吸収されるダメージは《燃焼》や氷の霧などによるスリップダメージも含まれます。

シールドにはそれぞれ継続時間と耐久値が設定されており、耐久値は攻撃を受ける度に減っていきます。耐久値が0になると、継続時間関係無くシールドが強制的に解除されてしまいます。
継続時間と耐久値はシールドを展開したキャラによって異なります(例えばノエルは自身の防御力によってシールド耐久値が上昇する)。

シールドはそれぞれ元素を司っており、同じ元素に対して250%の吸収効果があります。
例えば、炎元素のシールドであれば炎元素攻撃に対して高い耐久力を持ちます。
岩元素シールドのみ、全ての元素と物理ダメージに対して150%の吸収効果があります(Ver1.3以降)。
つまり岩元素がシールドとしてもっとも優秀です。

元素反応《結晶》

岩元素の元素反応によって出現した《結晶》を取得すると、シールドを展開できます。
このシールド性能は《結晶》反応を起こしたキャラの元素熟知が参照されます。つまり元素熟知が高い程シールド耐久力が高くなります。

※岩元素と風元素は元素反応を起こさないので、風元素シールドは現在存在しません。

シールドの注意

シールドは元素付着を防ぐことが出来ません。よって元素反応は起こります。
《蒸発》や《燃焼》などダメージに関してはシールドで防ぐ事が可能ですが、《凍結》効果は受けてしまいます。

シールドの利点

原神は敵の攻撃が激しく、殆どが飛び道具持ちで元素反応も積極的に狙ってくるので、シールドの存在は欠かせません。何よりプレイヤーへのストレスを大きく軽減してくれるのが大きいです。

更にシールドは回避より攻撃に専念できる為、DPS向上に繋がります。
シールドによるメリットは大きいので、パーティに一人はシールドでアタッカーをサポートできるキャラを編成したいです。

【新品】2022年9月末頃入荷次第発送 原神 モナ 星天水鏡Ver.1/7フィギュア 1/7スケール ABS&PVC製 塗装済み完成品フィギュア

価格:19,800円
(2021/7/30 13:50時点)

お勧めシールド持ちのキャラ

シールドを持つキャラを、Tierに別けてまとめてみました。
※全て無凸前提の評価です。

Tier0

堅如磐石のシールド。

鍾離
限定☆5キャラ。
シールド継続時間:20秒、CT:12秒
継続時間とCT、耐久力は最長最短最硬で原神最強のシールド性能を誇る。
その硬さはシールド耐久値が0になる事態が殆ど無い程。また効果時間がCTを上回るシールドを持つのは鍾離だけ(Ver1.5現在)。
更にシールド中は近くの敵の耐久力が下がるというとんでもない効果もある。
シールド耐久力は鍾離のHPに依存する。
2凸すると元素爆発使用時にシールドを展開する効果が付く。

Tier1

持ってたら優先的に育成したい。

ディオナ
シールド継続時間:最大12秒、CT:15秒(長押し)
シールドと回復両面を1人で担当できるサポーター。
元素スキルで放つ弾が当たった数だけシールドが強化されるというものだが、壁や地面に当たってもその対象になる。追尾性能もかなり高いので当たらない事は殆ど無い。CTも短め。
シールド耐久力はディオナのHPに依存する。
鍾離を持っていないのであれば育成すべきサポートキャラ。
2凸するとシールド耐久力が上昇する。

行秋
雨すだれの剣(元素スキル)継続時間:15秒、CT:21秒
雨すだれの剣(元素爆発)継続時間:15秒、CT:20秒、元素エネルギー:80
元素スキルで展開する『雨すだれの剣』は、シールドとは違う分類になるが殆ど同じ運用が可能。
元素爆発すると『雨すだれの剣』を再度展開し、通常攻撃と同時に水元素で敵を追撃する。攻撃と防御、回復も兼ね備えた強力なキャラだが、必要元素エネルギーが大きくCTも長いのが弱点。
1凸すると『雨すだれの剣』が1本増える。

アルベド
限定☆5キャラ。
シールドキャラでは無いが、元素スキルによる効果で元素反応を起こしやすい。
凝光と違い、元素スキルを発動さえすれば出場キャラは誰でも良い。
アタッカー次第だが、《結晶》反応を連発しやすいのでシールドを維持しやすい。

Tier2

上記のキャラがいない場合。

ノエル
シールド継続時間:12秒、CT:24秒(通常攻撃・重撃が4回命中する度にCT-1秒)
元素スキルはそのままシールドを展開するシンプルな性能。岩元素なのでシールド耐久力は高いが、CTが24秒と非常に遅い。
シールド耐久力はノエルの防御力に依存する。
出場中のキャラクターのHPが30%以下になると自動でシールドを展開してくれる。このシールドはノエルの防御力400%相当のダメージを吸収するというもので、継続時間も20秒と長い。
凸してもシールド性能は上がらない(天賦レベルは上がる)ので必須ではない。
初心者応援ガチャで必ず排出される実質的な配布キャラなので、無課金を貫くなら育成を検討したい。

辛炎
シールド継続時間:12秒、CT:18秒
辛炎のシールドにはレベルが設定されており、元素スキルで敵に当たった数だけレベルが上昇する。
シールドはレベル1~3まであり、効果は以下の通り(固有天賦解放後)。
・空振りでレベル1:通常のシールド
・1体命中でレベル2:シールド耐久力が上昇
・2体以上でレベル3:シールド耐久力が大きく上昇、周囲に継続的に炎元素ダメージを与える

シールド耐久力は辛炎の防御力に依存する。ディオナと違い攻撃が当たらなくてもシールドを展開できる。
レベル3のシールドはかなり強力だが、そもそも元素スキルのリーチが短く敵に近づく必要があり、また単体が多いボス戦ではレベル3以上が望めない欠点がある。
2凸以上すると元素爆発使用時にシールド(レベル3)を展開するようになる。

凝光
シールドキャラでは無いが、武器が法器なので元素反応で《結晶》反応を起こしやすい。
また元素スキルで出現させる『璇璣屏』は敵の飛び道具を無効化できる。
自身の攻撃性能も高く一方的に攻撃できる攻防優れたキャラ。

Tier3

凸前提でシールドを展開できるが、サポートとしての運用は難しい。

北斗
1凸すると元素爆発でシールドが展開されるようになる。継続時間が15秒と少し長め。
無凸でも元素スキル長押しでシールドを展開できるが、これは自分専用であり、主に敵の攻撃を”ガード”する為に使うもの。この時受けた攻撃回数により与えるダメージが増え、ジャストガードでダメージが大きくアップする効果がある。

煙緋
4凸すると元素爆発でシールドが展開されるようになる。継続時間が15秒と少し長め。
煙緋は他にシールド効果のある天賦は存在しない。元素爆発も必要元素エネルギーが80と大きいので、シールド要因には向かない。

ガイア
4凸すると、HPが20%以下の時にシールドが自動発動されるようになる。継続時間が20秒と長め。
無課金でも必ず入手できるキャラだが、恒常ガチャでしか排出されないので凸が難しい。
またシールド発動の条件も厳しく、それ前提での運用は期待できない。

シールドの強化方法

シールドの耐久力が不安な場合は、以下の方法で強化が可能です。

聖遺物

以下の聖遺物を装備する事で、条件付きですがシールドが強化されます。

逆飛びの流星
2セット:シールド強化+35%
4セット:シールド状態の時、通常攻撃と重撃ダメージ+40%。

勘違いされやすいが、シールド強化が適用されるのはこれを装備しているキャラのみ。
例えば『逆飛びの流星』を2つ以上装備した鍾離がシールドを展開後、何も装備していないガイアに交代してしまうと、ガイアにこの効果は適用されない。
逆に何も装備していない鍾離がシールドを展開後、『逆飛びの流星』を2つ以上装備したガイアに交代すると、ガイアにこの効果が適用される。

千岩牢固
2セット:HP+20%
4セット:元素スキルが敵に命中すると、周囲のチーム全員の攻撃力+20%、シールド強化+30%、持続時間3秒。この効果は0.5秒毎に1回のみ発動可能。この聖遺物セットを装備したキャラクターが待機している場合にも効果を発動できる。

上記の『逆飛びの流星』と違い、4セット効果はパーティ全員に効果が付く。
しかし条件が厳しくキャラを選ぶ。

元素共鳴

岩元素のキャラを2人パーティに入れる事で、以下の効果を得られます。

不動の岩
シールド強化+15%。また、キャラクターがシールド状態の時、以下の効果を得る:
与えるダメージ+15%。敵にダメージを与えた時、敵の岩元素耐性-20%、継続時間15秒。

逆飛びの流星に似た効果ですが、パーティ全員が効果の対象です。
同じ岩元素でありシールドも展開できる鍾離やノエルなどはこの恩恵を特に受けやすいです。

元素共鳴は他の効果と重複します。
上述にある聖遺物『逆飛びの流星』と合わせればシールドが更に強化されます。

『ウマ箱』第2コーナー(アニメ「ウマ娘 プリティーダービー」トレーナーズBOX)【Blu-ray】 [ 和氣あず未 ]

価格:11,264円
(2021/7/30 13:52時点)

まとめ

以上をざっくりまとめると以下の通りです。

・パーティに1人はシールドキャラを入れたい
・シールドは同じ元素に対して非常に高い耐久力を持つ
・岩元素のシールドのみ全てに高い耐久力を持つ
・鍾離のシールドは最強
・シールドは聖遺物、岩の元素共鳴で強化可能

もし原神が難しいと感じているのであれば、とにかくシールド持ちのキャラを育成しましょう。
シールドの有無で難易度が大きく変わってきます。

特に最近の原神は、シールドがあるとメリットが大きい秘境や、シールドが無いと厳しいボスなどが登場してきているのでシールドはほぼ必須になってきている傾向にあります。
「シールドなど邪道!」というのでない限り、シールドの運用は優先的に行っていきましょう。

【特典】鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚 PS4版(【予約同梱特典】「鬼滅の刃 ヒノカミ血風譚」オリジナルICカードステッカー 【外付】ufotable描き下ろし A4クリアファイル[イメージビジュアル/イメージビジュアル第2弾])

価格:7,106円
(2021/9/22 20:33時点)

タイトルとURLをコピーしました