【原神】Ver3.2のガチャは引くべき?【Genshin Impact】

遂に来週Ver3.2アップデートです。
ピックアップされるキャラは新キャラが2人。復刻キャラが3人です。
今回も復刻キャラについて簡単な性能解説と、新キャラの現在判明している性能についてまとめてみました。
Ver3.2ガチャの参考になればと思います。

閲覧上の注意

今回のキャラ解説(既存キャラ)は以下を前提としています。

・星の星座は未解放(無凸)
・ソロプレイを想定
・心境螺旋は知らない
・使用プラットフォームはPS4
・Ver3.1時点での評価

初心者または無/微課金プレイヤー向けの解説記事になります。予めご承知おきください。
本記事は筆者の個人的な評価や解説となります。あくまでも参考程度に閲覧してもらえればと思います。
間違いなどありましたらご指摘いただけると幸いです。

Ver3.1のガチャ内容

  • 前半
    ☆5 ナヒーダ
    ☆5 宵宮(復刻)
     
  • 後半
    ☆5 八重神子(復刻)
    ☆5 タルタリヤ(復刻)
    ☆4 レイラ

アップデート日は11月2日。
前半は新キャラの☆5ナヒーダ。同時に宵宮が復刻。
後半は☆5タルタリヤと☆5八重神子が同時復刻。新キャラは☆4レイラ。

復刻キャラ

以下はVer3.2にて復刻される3人のキャラクターです。
簡単に解説しますのでガチャの参考にしてみてください。

宵宮

宵宮はこんなキャラ

・元素スキルで通常攻撃を強化する
・敵単体に対する火力は原神トップクラス
・キャラ交代を前提とした元素爆発

解説

宵宮はVer2.0より初実装された炎元素の弓キャラクターで、今でも数少ない弓の純アタッカー。
元素スキルで自己強化する時限アタッカーで、弓の特性上ほとんど範囲攻撃ができないもののその分火力が高い。敵単体に対する火力は原神トップクラス。

元素爆発は敵に「琉金の炎」を付与する。
これは宵宮以外が攻撃すると追撃ダメージが発生するという効果がある。宵宮がキャラ交代する前に使う事で、味方の攻撃をサポートする事ができる。
宵宮の元素スキル効果が切れた時に使うのが主。

武器が弓なので浮遊している敵に攻撃しやすい。最近はこういった敵が増えてきており、弓の通常攻撃で高火力を出せる宵宮は頼りになる。
ただほとんど単体攻撃しかできない為対集団戦が苦手。これは宵宮の火力を高める事で克服できるのでベネットや行秋などサポーターやサブアタッカーと組ませたい。

宵宮の詳しい性能解説を以下でしているので参考にどうぞ。

【原神】”普通”の宵宮性能解説(Ver2.7)【Genshin Impact】
もうすぐ宵宮が復刻されます。 初実装当時はガチャを回すプレイヤーは多く無かったようですが、宵宮は現在もトップクラスのDPSを持つアタッカーです。 今回は宵宮の性能解説となります。引こうか迷っている人は参考にしてみてください。

タルタリヤ

タルタリヤはこんなキャラ

・元素スキルで通常攻撃と元素爆発が変化
・対集団戦に強くザコ敵殲滅能力が高い

・元素スキルCTが長い

解説

タルタリヤはVer1.1で実装された水元素の弓アタッカー。
元素スキルを使用すると通常攻撃と元素爆発が変化し近接アタッカーとなる。
この時攻撃を当てると敵に「断流」という効果を与える。

断流が付与された敵には閃・斬・爆・破の4種類の効果が特定の条件で発生する。
少し複雑だが、要は”断流が付与されている敵にタルタリヤが攻撃すると追加範囲ダメージが発生する”というもの。
タルタリヤは元素スキルの攻撃範囲の広さとこの断流効果によって対集団戦が非常に強力。敵が多いほど断流による追加ダメージが増えるのでザコ敵殲滅能力が高い。
逆に敵が単体では真価を発揮しづらい。ボスなど対単体戦ではただの水元素アタッカーでしかない。
また元素スキルは長く使うほどCTが長くなる。なんと最大45秒。タルタリヤは元素スキルに依存するキャラなので、その間はほとんど何もできない。

注意点が少し多いタルタリヤだが、敵をまとめて殲滅できる爽快感は今だ原神屈指レベル。
気持ちよくなりたい人はガチャを一考してみてはどうだろう。

タルタリヤの詳しい性能解説を以下でしているので参考にどうぞ。

【原神】”普通”のタルタリヤ性能解説(Ver3.2)【Genshin Impact】
タルタリヤはVer1.1にて実装された古参キャラクターなので、引くべきか迷う人が多いかと思います。今回はそのタルタリヤについて、前回の文章の手直しと現環境での評価を踏まえた上での性能解説となります。ガチャや運用の参考になればと思います。

八重神子

八重神子はこんなキャラ

・フィッシュルと同じ設置型の元素スキル
・トップクラスの基礎攻撃力とワーストクラスの基礎防御力
・元素爆発が非常に重い

解説

八重神子はVer2.5にて実装された雷元素の法器サブアタッカー。
性能を一言で表すと”高級フィッシュル”。元素スキルで「殺生櫻」という雷元素ダメージを与える砲台を3つ設置できる。これを設置するほど与えるダメージが大きくなる。
CTが僅か4秒と短く継続時間も14秒と長いので、雷ダメージの継続性能が高い。

元素爆発はシンプルな雷元素範囲ダメージ。設置した殺生櫻の数だけ追撃ダメージが発生する。
これらはダメージ倍率が高いが、必要元素エネルギーが90、CTが22秒と原神トップクラスの重さとなっている。

無凸の八重神子は6凸フィッシュルの下位互換などと呼ばれていたが、Ver3.0にて元素反応《激化》と聖遺物「金メッキの夢」の実装で大きく強化された。
再評価された彼女だが、個人的にはそれでも6凸したフィッシュルを持っているなら無理して引くほどでは無いと考える。
とは言え、魅力的なキャラクターなので好きなら回すと良いだろう。

八重神子の詳しい性能解説を以下でしているので参考にどうぞ。

【原神】”普通”の八重神子性能解説(Ver3.2)【Genshin Impact】
八重神子は人気キャラでありながら雷元素であることやフィッシュルの存在で高い評価を得られなかったキャラです。しかし草元素の実装で評価を上げる事となりました。今回はその八重神子について現環境での評価を踏まえた上での性能解説となります。

新キャラ

Ver3.1にて実装予定となっている3人のキャラクターです。判明している性能をまとめてみました。
※以下は10/23にYoutubeの原神公式チャンネル『Ver.3.2「虚空の鼓動、熾盛の劫火」予告番組』にて放送されたキャラ紹介をまとめたものです。映像から勝手な解釈もあるので間違いがあるかもしれません。

ナヒーダ

Ver3.2前半に実装される限定☆5キャラ。
神の目は草元素で、武器は法器。
今明らかになっている特徴は以下の通り。

  • 通常攻撃
    あざとカワイイ。
  • 元素スキル
    短押しと長押しがあり、長押しで照準モードに入る。
    照準に捉えた敵に草元素ダメージを与えマーキングする。
    マーキングされた敵はリンクし合い、元素反応が発生するとリンクした敵全てに「メツジョウサンゴウ」が発動する(漢字不明、効果不明)。
  • 元素爆発
    広い特殊エリアを生成する。
    このエリア内にいる時、パーティ内に炎・水・雷元素キャラが編成されているとそれぞれ異なる効果を得る。
    ・炎キャラがいる場合、メツジョウサンゴウの威力が上がる。
    ・雷キャラがいる場合、メツジョウサンゴウの発動間隔が短くなる。
    ・水キャラがいる場合、特殊エリアの継続時間が増加する。
    対応するキャラが2人以上いる場合、効果が更にアップする。これら効果はナヒーダが待機状態でも発動する
  • 固有天賦
    非戦闘状態の時、元素スキル長押しで照準にアイテムを捉えると自動で取得できる。
    NPCに対しても何らかの効果がある模様。

通例通り元素爆発は主人公(草)のそれに近い。
華奢な見た目とは裏腹にメインアタッカー運用になりそう。

レイラ

Ver3.2後半に実装される☆4キャラ(多分恒常入り)。
神の目は氷元素で、武器は片手剣。
今明らかになっている特徴は以下の通り。

  • 元素スキル
    氷元素のシールドを展開し「ヨボシ」を生成する(漢字不明、自動生成?条件あり?)。
    ヨボシが4つ生成されるとそれを敵に自動発射し氷元素ダメージを与える。
    ヨボシを獲得する度、シールドが強化される。4つまで重ね掛け可能。
  • 元素爆発
    特殊エリアを生成し、エリア内にいる敵に氷ダメージを与える。
    味方がエリア内にいるとヨボシが生成される。
  • 固有天賦
    天賦本合成時、確率で追加獲得できる。

新たなシールドキャラ。
シールドを張りながら攻撃もサポートもできる。更にトーマのようにシールド強化も出来る。
行秋とトーマを合わせたようなキャラなのだろうか。

まとめ

以上5人がVer3.2ガチャでピックアップされるキャラクターとなります。
ナヒーダが遂に実装です。これまで実装された神たちはどれも強力な性能を持って実装されている事から、草神である彼女も同レベルの強性能になっている可能性が高いです。
同じくピックアップされる宵宮、タルタリヤ、八重神子はいなくても困る事は無いので、ガチャを回すならナヒーダ一択となるでしょう。
詳しい性能はまだまだ不明ですが、貴重な草キャラという事もあり現時点では彼女を優先するのが良いと思います。

タイトルとURLをコピーしました