【プリンセスコネクト!Re:DIVE】月刊 プリコネ環境 12月号【プリコネR】

この記事では、11月に発表された情報や新実装されたアレコレ、環境の変化などをまとめてみました。
また新実装されたキャラ、専用装備、☆6キャラ、11月末時点で強いとされるキャラを軽く解説します。

初心者だけでなく、プリコネ中級者の方にも参考になればと思います。

11月に告知された新情報や追加コンテンツ

11月に実装されたコンテンツや、アナウンスされた情報をまとめてみました。

「バトル4倍速」対象コンテンツ追加
メインクストや復刻で無いイベントクエスト、探索、調査などバトル4倍速可能なコンテンツが増えた。
ただ4倍速を可能にするにはいくつか条件があるので注意。

「デイリーミッション」アップデート
プレイヤーLvに応じてデイリーミッションの報酬がアップするように。
特にLv160以上のプレイヤーは、貰える経験値が増加、マナが約3倍、EXPポーションが10倍も貰えるように。報酬量自体はかなりアップしたが、高Lvプレイヤーにとっては些細なもの。
これまでの報酬がほんの微々たるものなだけであって、ようやくデイリー報酬らしいものになったと言える。
ジュエルは残念ながらこれまでのまま。

サイドストーリーに「忘却のキャロル」が追加
イベント配布キャラのクルミ(クリスマス)を入手できる。
またクルミ(クリスマス)とノゾミのメモリーピースが集められる。
クルミ(クリスマス)は、現在は使われる事が殆ど無いキャラなので、キャラストーリー解放やステータスアップボーナス目的で☆3を目指す程度に集めても良いだろう。

専用装備レベル上限アップ
専用装備のレベル上限が180→190へ。更なる苦行へ…。
TP上昇やクリティカルなど重要なステータスが上がるキャラは優先して上げていこう。
クランバトルで高スコアを狙いたい人は慎重に。

スズナ☆6才能開花決定
次の☆6キャラはスズナ。弓キャラとしてはリノに続いて2人目。
☆6イラストはモデルというより寧ろアイドル。ノゾミちゃんよりアイドルっぽくない?
育ててない人は今のうちにメモリーピースを集めておこう。

「カスタムマイページ」アップデート
カスタムマイページでゲーム内アニメが設定できるようになった。
「神アプデ」と賞賛の声が大きいが、その分容量を喰うので注意。

新アイテム「グロウスフィア」実装
装備やマナを消費せず、これ1つでキャラのレベルや装備RANKを最大近くまで一気に強化できる破格アイテム。
今回はクリスマスイベント「デビュタント・シャングリ・ラ」の討伐証交換で入手可能で、ユカリ(クリスマス)にのみ使用可能となっている。
このアイテムについてはこちらの記事を参照。

11月に新実装されたキャラ関連

11月に実装された新キャラや専用装備、☆6キャラなどについてまとめてみました。

マヒル☆6実装
☆6に開花で特に防御力がかなり上がった。ユニオンバーストは目の前の敵1キャラに特大ダメージを与えスタン+吹き飛ばし、更に範囲に大ダメージを与えて混乱を付与する。
妨害能力がかなり強力になり、アリーナ適正が高い。
速攻型として編成すれば、今猛威を振るっている『ニノン砲』を無力化できる。

エミリア専用装備実装
可能性が低いとされていた『Re:ゼロ』コラボが復刻され、ついに専用装備が実装された。
専用装備を付けるとTP上昇ステータスが(専用装備Lv180時点で)10上がり、スキル「お願い、パック!」のバフ値、威力がなんと3倍以上にまで上がる。値だけ見るとかなりのものだが、全体的に中途半端な性能なのは変わらない。ボス次第では輝くかも…?

レム専用装備実装
専用装備を付けるとクリティカルステータスが大きく上がり、スキル「エル・ヒューマ」の攻撃が凍結効果も含めて範囲化。更に凍結時間も3→4秒に増加。妨害性能が強化されユニオンバーストの特攻条件も合いやすくなった。
アリーナでの活躍が期待されるが、☆6キャラが跋扈するようになった今の環境にどこまで通用するか…?

ラム専用装備実装
専用装備を付けるとTP上昇ステータスが(専用装備Lv180時点で)10上がり、スキル「フーラ」の威力が倍以上に上昇し、吹き飛ばし距離も増える。
役割自体は変わらないが、ラムは『ニノン砲』など速攻型編成の対策として使えるので、今後防衛で再び見かけるようになるかもしれない。

シャイニートモ(マジカル)実装
恒常キャラ。
物理アタッカーだが、物理と魔法攻撃力を合わせた魔法ダメージを与えるユニオンバーストとスキルを持つ、まさに魔法剣士。…と言っても自身の魔法攻撃力は0である点に注意。
サレン(☆6)のように物理と魔法攻撃力の両方を同時に強化できるキャラと相性が良く、特にコッコロ(プリンセス)やサレン(サマー)のような人権サポーターと編成しやすい所は◎。
しかし魔法のクリティカルステータスも0の為、魔法攻撃であるユニオンバーストやスキルのクリティカル率が極端に低い。これはアタッカーとしては致命的。他のアタッカー達と比べると、残念ながら火力不足と言わざるを得ない。

アキノ(クリスマス)実装
今年のクリスマス限定キャラ。
「聖夜の煌き」の数に応じてスキルとユニオンバーストの威力が上がっていく。これは自身がバフを受けるとカウントされ、最大25まで溜められる。
今の環境にはラビリスタやコッコロ(プリンセス)という非常に強力なバッファーがおり、彼らと編成する事で相当な火力を引き出せる。
クランバトルやボス戦など長期戦のバトルで活躍が期待されるが、プリコネでは「自分の攻撃力を上げて殴る」だけのキャラはインフレに置いてかれやすい。生き残れるかどうかは今後の専用装備とサポーター次第か…。

ユカリ(クリスマス)実装
今年のクリスマスイベント「デビュタント・シャングリ・ラ」の配布キャラ。
スキル2「ハッピーホリーデイズ」は範囲が広く発生も早い。アリーナでバトル開始時にハツネ(☆6)などの魔法ユニオンバーストを速攻で撃ってくる相手に対応できる。
ユニオンバーストは味方一人に物理攻撃バフを与える。シンプルだが倍率がかなり高い。しかしバグか仕様か、ユニオンバースト発動からバフが付与されるまでほんの僅かだがタイムラグがある模様。連打しているとバフが乗らない状態でユニオンバーストを撃ってしまうので注意が必要。Autoでも注意。
クランバトルやアリーナ両方で使えるキャラではあるが、クランバトルではデメリットになり得る部分もあるので気を付けたい。
※公式よりユニオンバーストのタイムラグは不具合だった事が告知された。現在は修正済み。

11月のアリーナ

レッカーノグレンセンプゥー!

『ニノン砲』の勢いは相変わらずです。
対策を意識されていない防衛編成は瞬殺されてしまいます。

最近のバトルアリーナの防衛は、レムの採用が目立ってきたかのように思います。
レムの凍結は『ニノン砲』対策にもなり、専用装備で範囲効果となったので中々強力です。

11月に実装された☆6マヒルは防御力が高く妨害性能も強力で、『ニノン砲』対策にも使えるのでアリーナでの活躍が期待されます。
☆6才能開花が解放されてから半月以上経過しているので、そろそろ☆6マヒルを使った防衛編成がもっと増えていくだろうと思います。

11月のクランバトル

スカイワルキューレ

個人的に今月のクラバトは難易度が低めな印象でした。
クラバトの物理パーティの鉄板であるラビリスタとコッコロ(プリンセス)ですが、どちらが欠けても高ダメージを出せる事が多かったので、サポートを上手く借りる事で3戦とも満足いくスコアが出せました。

今回のクラバトで登場したスカイワルキューレ(3段階目)は、ラブリーモニカ(マジカル)を使う事でワンパンが可能でした。まさにラブモニ接待ボスといえます。
クラバトは時々このような新キャラ接待ボスが登場するので、ガチャには注意が必要ですね。

現在のクラバト環境

相変わらず魔法パーティは不遇が続いてます。
やはり物理パーティほど与えるダメージが伸びません。

また最近実装されている新キャラや☆6キャラは物理が多く、魔法はハツネ(サマー)のような評価の難しいキャラばかりです(もしくはアリーナ向けのキャラ)。
このまま物理キャラが増えてしまえば、『ニャル編成』以外の魔法キャラが使われないクラバトになってしまいます。

キャル(ニューイヤー)の影響はもはやどうしようもないので、そろそろクランバトル全体を見直す必要があると感じます。

今月の注目キャラ

今月のクランバトルで活躍したキャラの中で、特に印象に残ったキャラをピックアップしました。
※クラバトの定番キャラは敢えて除外。

ラブリーモニカ(マジカル)
3段階目のスカイワルキューレ相手に活躍した。
スカイワルキューレの厄介なユニオンバーストは前衛への範囲攻撃なので、前衛を使わない編成が有効で、弓キャラなど中・後衛の物理キャラへのサポートを得意とするラブリーモニカ(マジカル)は、その性能を最大限まで発揮できた。

マホ(サマー)
チカ(クリスマス)と組ませる事で4段階目のマスター・センリをワンパン出来た。
チカ(クリスマス)のユニオンバーストで召喚する精霊をわざと倒させる事で、マスター・センリのユニオンバーストを連発させ、被ダメージでこちらのTPを加速させる。あとは手動で味方のユニオンバーストをひたすら連打するだけ。マホ(サマー)は攻撃を担当する。
味方とボスのTPがあっという間に満タンになるので、お互い絶え間なくユニオンバーストを連発し合うようになる。これがなんと2秒間にユニオンバーストが10発ほど飛び交うほど。
これをマスター・センリが倒れるまで続ける。
運が絡む上に、ユニオンバーストの演出で1回のバトルで10分以上掛かるという…。この戦術を発見した人、本戦でやった人には称賛を送りたい。

チカ(クリスマス)
マホ(サマー)と組ませる事で4段階目のマスター・センリをワンパン出来た。
方法は上記を参照。
インフレにより、他のサポーター達と比べて優先度が低く見られがちだが、トークンを3体も生成するユニオンバーストは唯一無二の能力なので、まだまだ需要がある事を改めて実感させてくれた。

タイトルとURLをコピーしました